ニュース
» 2012年09月26日 12時29分 UPDATE

東芝、モバイル端末向けの「TransferJet」規格に準拠した世界最小の通信モジュールを開発

東芝は、「TransferJet」に準拠した世界最小サイズの通信モジュール「TJM35420XLG」を製品化した。

[ITmedia]

 東芝は9月26日、「TransferJet」に準拠した世界最小サイズの通信モジュール「TJM35420XLG」を製品化したと発表した。

photophotophoto TJM35420XLG(左)、TJM35420USG(中)、TJM35420UXG(右)

 TJM35420XLGは、スマートフォン/タブレットなど各種モバイル端末向きとなる超小型通信モジュール。水晶発振子などの周辺部品を内蔵しつつ、本体サイズ4.8(幅)×4.8(奥行き)×1(高さ)ミリの世界最小サイズを実現した。

 ほか、TransferJet対応のmicroSDIOカード「TJM35420USG」、USBアダプタモジュール「TJM35420UXG」も合わせて製品化。ともに業界初となる製品で、TJM35420USGはmicroSDカードスロット、TJM35420UXGはUSB端子に製品を挿入することで、TransferJetによる短距離通信を行うことが可能になる(対応アプリケーションが必要)。

 サンプル出荷時期はTJM35420XLGが2012年12月、TJM35420USG/TJM35420UXGが2013年1月予定。量産化の開始時期は、3製品ともに2013年の1〜3月期の予定だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.