ニュース
» 2012年09月26日 15時33分 UPDATE

ZALMAN、約2980円のマクロキー搭載ゲーミングキーボード「ZM-K400G」など5製品

アスクは、台湾ZALMAN製となる英語配列USBキーボード計5製品の取り扱いを発表。エントリーモデルからゲーミング向けモデルまで幅広いラインアップを用意した。

[ITmedia]

 アスクは9月26日、台湾ZALMAN製となるUSBキーボード計5製品「ZM-K200M」「ZM-300M」「ZM-350M」「ZM-K400G」「ZM-K500」の取り扱いを発表、本日より販売を開始する。

photophotophoto ZM-K200M(左)、ZM-300M(中)、ZM-350M(右)

 ZM-K200M/同-300M/同-350Mは、いずれもエントリークラスの英語配列USBキーボードで、それぞれマルチメディアキーを10個/20個/8個装備した。またZM-K200M/同-300Mは、カーソル/WASDキー交換用の青色キートップが付属している。予想実売価格はそれぞれ780円前後/850円前後/1180円前後。

photophoto ZM-K400G(左)、ZM-K500(右)

 ZM-K400Gは、ゲーマー向けとなる英語配列キーボードで、奥側に計12個のプログラマブルキーを搭載。プロファイルは最大3つまで本体に記録でき、ショートカットキーでのプロファイル切り替えも可能となっている。またキートップのバックライト点灯機能も内蔵。点灯色(赤/青)と明るさの調節も行える。予想実売価格は2980円前後だ。

 ZM-K500は、テンキーレス仕様の92キー英語配列を採用したメカニカルキーボードで、キースイッチとしてKailh製リニアタイプスイッチを採用した。また右上側には5種のマルチメディアキーも備えている。予想実売価格は5480円前後。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.