レビュー
» 2012年10月04日 17時00分 UPDATE

LaVie Z&LaVie G タイプZロードテスト:第5回 LaVie GタイプZを新幹線&遠征に持っていったZ! (1/3)

スケジュールの誤算から、いきなりLaVie GタイプZを実戦に本格投入することになった。……この切羽詰まった状況で、なおさらこの軽さがより身にしみたのだった。なぜかテンションも上がりまくりだZ!(ゼ〜ット!と読んでください)

[鈴木雅暢,ITmedia]

荷物の負担が超軽くなったZ!

photo 「こだま」なのは旅費をケチったからだが、N700系を選んだので車内で電源がとれる。加えて、面積が限られる座席のテーブルでもそこそこ余裕があるのが分かるだろうか。ともあれ「新幹線内のトップシェアと獲得したい」とLaVie Z開発者が述べたというが、見た感じ、この時点ではまだ利用者は私だけだった。ふふ、優越感である

 9月後半の某日、締め切りを控えた原稿を数本抱えつつ、筆者は名古屋行きの新幹線「こだま」に飛び乗った。

 某アーティストのライブに参戦するためである。いやいや、やります書きます、仕事しますよ。新幹線の中でもホテルの中でも仕事はできます。だって、私にはLaVie GタイプZがあるんだから。

 とはいえ今回、LaVie GタイプZを持って行くかどうかは迷っていた。クラウドで必要なファイルと業務に最低限の環境は前回構築したとおりだが、まだ実戦らしい実戦には経験しておらず、未知数だったからだ。ま、国内だし、PCなのでネットさえつながればなんとかなるだろうと思っても、数日に及ぶ遠出となればその間(今回は2泊3日)ずっと使わざるを得なくなるだけに慎重になる。余裕のない状況下において生産性が低下する可能性──を少しでも減らしたい気持ちもどこかにある。


photo 実は、慌てて出たのでACケーブルを忘れてしまった。ただ本機のソケットは汎用の2ピンソケット仕様なので、家電量販店の名古屋駅ナカ店で代替品を苦労なく入手できた。こちら、標準添付のACケーブルはやや長く、その分収納体積も重量もかさばるので、20センチ短ケーブル仕様のケーブルや直結タイプのプラグ入手し、さらなる軽量化を図るのもよさそうだ。今回は単に忘れただけであり、屋内ではある程度長さがある方が取り回しやすいので1メートルタイプにしたのだが

 ただし、筆者のメインPCは約2キロ超とかなーり重い。これを875グラムのLaVie GタイプZに置き換えれば、本体だけでも1.2キロ以上の大幅な軽量化に、ACアダプタも含めたらそれ以上に軽くなる。別途携帯する評価用機材の増量ぶんをチャラにできるという計算にもなる。

 さらに、荷物が1キロ、2キロ単位で違うと、日に日にたまっていく疲れの量もだいぶ違う。疲れていなければ対応力もより向上するはず……そう考えるとやはり軽い方がいい。絶対、荷物は軽いほうが気が楽だ。「この装備で大丈夫か? ……うん、多分、おそらく、いやきっと問題ない」。



NEC Direct(NECダイレクト)

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.