ニュース
» 2012年11月13日 00時00分 UPDATE

店頭では「Windows 8はここが違う」と説明:タッチじゃないとダメなんでしょ?「いいえ。“7”利用者こそアップグレードを」──日本MS、Windows 8年末商戦施策を説明 (1/2)

日本マイクロソフトが、Windows 8を軸にした「コンシューマー製品メディアデイ」を開催。店頭施策に加え、「Windows 8はここが違う」点、「同じPCでも7より高速になる」点、さらにXbox+SmartGlassについてなど個人向け製品の年末商戦施策を説明した。

[岩城俊介,ITmedia]
photo 2012年10月25日 東京・秋葉原でのWindows 8発売イベントの様子

 日本マイクロソフトは11月12日、同社個人向け製品のプレス向け説明会「コンシューマー製品メディアデイ」を開催。2012年冬商戦向けの商品展開の現状と販売施策を説明した。

 冬商戦は「Windows 8」「次期Office」「Xbox関連」の3カテゴリに注力する。軸はやはり10月25日に発売した新OS「Windows 8」。日本は13のメーカーより、250機種以上のWindows 8プリインストールモデル(うち40機種がタッチパネル搭載)がOEMパートナー各社より登場する、世界でも特にラインアップが豊富な市場だ。

 「Windows 8は現時点で136もの市場で展開していおり、ローンチ時に全世界で約1000機種、そのうち日本だけで250機種のプリインストールPCがリリースされる。これだけでも日本市場には大きな期待がある」(米Microsoft インターナショナルプレジデントのジャンフィリップ・クルトワ氏)、「先の発売イベントでは秋葉原に1万人を超える方が訪れてくれた。用意したWindows 8紙袋6000枚、号外8000部がすぐなくなってしまったほど。動画配信サイトでのイベント視聴者も91.2%がポジティブなコメントだったと聞いている。今後Windows 8搭載機種がよりそろってくるうえ、店頭での準備も万端」(日本マイクロソフトの樋口泰行社長)と日本市場に対する期待を改めて述べた。


photophoto 米Microsoft インターナショナルプレジデントのジャンフィリップ・クルトワ氏(左) 日本マイクロソフトの樋口泰行社長(右)

 店頭においては、「Windows 8はここが違う」と題した8つの機能を徹底して訴求する計画とする。店頭のWindowsアソシエイトメンバー(Windows 8についての質問・疑問に答えられるよう、マイクロソフトによる販促トレーニングを受けた量販店の店頭スタッフ)の育成に努め、認定スタッフはすでに1万9000人に到達。店頭のWindows 8コーナーで客の疑問・質問にすぐ対応できる体制を整えた。「述べ1800回、体験会・デモンストレーションを全国の家電量販店で行う。Windows 8のよさは、体験してもらえばきっと分かってもらえる」(日本マイクロソフト執行役常務コンシューマー&パートナーグループ担当の香山春明氏)

 Office 2013とされる次期OfficeもWindows 8搭載PCの販促につながる重要商材とする。次期Officeは2013年第一四半期にリリース予定とまだ少し先であるため、Windows 8搭載の2012年PC秋冬モデルの多くは現バージョンのOffice 2010をプリインストールする。この購買層に対し「次期Officeへの無償アップグレード対象」とすることで、リリース時期と商戦期のずれを解消する考えだ。OfficeプリインストールPCは、2013年4月30日の購入まで無償アップグレードの対象になる。

photophotophoto 年末商戦に注力する商材は「Windows 8」+「Office」と「Xbox(系連携サービス)」。Office 2010プリインストールPC購入者は、次期Officeの登場後に無償アップグレードできる特典も用意した

 そしてXbox 360もWindows 8とともに重要商材に据える。本体こそ国内での販売実績はさほど芳しくはない実情はあるが「Windows 8で、Xboxサービスのビデオサービスなどを連携利用するハブ」としてゲーム機から「総合エンターテインメントサービス」として訴求方法を工夫する。Xboxの新機能「SmartGlass」と呼ぶ、大画面テレビに表示するゲーム画面の子画面としてタブレットを活用できる機能とともに、Anrdoid OSやiOS搭載タブレットとの(アプリ提供による)連携も深めていく計画だ

photophotophoto 量販店店頭での「Windows 8熟知スタッフ(Windowsアソシエイト)」は1万9000人(スライドの人数より、同日現在はこの人数にアップデートされた)にのぼる。店頭デモも全国の量販店などで計1800回行う予定。Xbox 360はゲーム機単体ではなく、ビデオ視聴サービスなども含む「総合エンターテインメントサービス」用機器としての役割を担う。11月15日に「Nike+Kinect Training」「Kinectスポーツ アルティメットコレクション」「4GB版Xbox 360+Kinect+ディズニーランド・アドベンチャーズ」(セットパック 2万4800円)を発売するほか、SmartGlassのデモも行われた。写真は「Forza Horizon」+大画面テレビ+ハンドルコントローラ+シートの構成に加え、タブレットをゲーム内情報表示(写真はルートマップ)をSmartGlass機能を利用して表示し、プレイしている。スマートデバイス用アプリはAndroid版、iOS版も用意する
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう