ニュース
» 2013年01月08日 11時12分 UPDATE

東芝、エンタープライズ向けの高信頼/大容量SSD「PX02SMQ/U」など4シリーズを投入

東芝セミコンダクター&ストレージは、廃棄時のデータ無効化機能などを標準装備した2.5インチSSD/HDD計4シリーズを発表した。

[ITmedia]
photo

 東芝セミコンダクター&ストレージはこのほど、エンタープライズ向きとなる2.5インチSSD「PX02SMQ/U」「PX02AMU」「PX03ANU」シリーズ、およびモバイル向きの2.5インチHDD「MQ01ABU***W」シリーズの計4シリーズを発表、3月より順次サンプル出荷を開始する。

 PX02SMQ/Uシリーズは、AES256ビット暗号化(TCG-Enterprise SSC)機能を標準で搭載した2.5インチSAS SSDで、業界最速クラスをうたう高速転送にも対応。また暗号キーを消去することでデータを瞬時に無効化できるデータ漏洩抑止機能「クリプトグラフィックイレーズ機能」も装備した。ラインアップは、200Gバイト/400Gバイト/800Gバイト(いずれも7ミリ厚)モデルのほか、1.6Tバイト(15ミリ厚)の大容量モデルも用意している。

 PX02AMU/PX03ANUシリーズは、ミドル/エントリーサーバ向けとなる2.5インチSATA SSDで、ともにクリプトグラフィックイレーズ機能を搭載。PX02AMUは100/200/400Gバイトの3モデル、PX03ANUは55/120/240/480Gバイトの4モデルをラインアップした。

 MQ01ABU***Wシリーズは、モバイル向けとなる2.5インチSATA HDDで、TCG-OPAL SSC準拠の暗号化機能とクリプトグラフィックイレーズ機能を標準で装備。また、決められた機器以外に接続された場合に、自動でクリプトグラフィックイレーズ機能を実行する「Wipe technology」にも対応する。ラインアップは250Gバイト/320Gバイト/500Gバイトの3タイプだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう