ニュース
» 2013年02月19日 18時00分 UPDATE

HotmailはOutlook.comに自動アップグレード:Microsoft、Webメールサービス「Outlook.com」を正式リリース

プレビュー版としてサービスを提供していた「Outlook.com」が正式にリリースされた。それに伴い、Hotmailは自動的にOutlook.comへアップグレードされる。

[池田憲弘,ITmedia]

 米Microsoftは2月19日、Webメールサービス「Outlook.com」の一般提供を開始した。Outlook.comは2012年7月に「プレビュー版」としてサービス提供を開始しており、今回は正式なリリースとなる。

photo Outlook.comの画面

 Outlook.comはHotmailをベースとしており、Windows 8のUIを意識したユーザーインタフェースを取り入れ、ユーザビリティの向上を図った。このほか、統合アカウント管理機能を備え、オンラインストレージサービス「SkyDrive」やTwitter、FacebookなどのSNSとの連携機能に対応する。

 Outlook.comは、Hotmailの機能を包含するアップグレード版という扱いであり、2013年夏までにはすべてのHotmailユーザーが自動でOutlook.comにアップグレードされるという。アップグレード時は、メールアドレス(@hotmail.com、@hotmail.co.jp、@live.com、@live.co.jp)やメール、連絡先、フォルダー、フィルタといったデータが自動で引き継がれる。

photophoto Outlook.comはメニュー構造をシンプルにするとともに、広告の表示領域を減らし、ユーザー情報の表示領域を増やしたことが特徴だ

関連キーワード

Outlook.com | Hotmail | Microsoft | SkyDrive


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.