ニュース
» 2013年03月11日 11時49分 UPDATE

古田雄介のアキバPickUp!:右と左のどちらに寄せる? こだわりを体現するSSDマウンタに注目 (1/4)

親和産業から、右寄せと左寄せ、中央寄せ、2段配置の4パターンのSSDマウンタが登場。その使い分けによって、PCケース内部を最適化する!

[古田雄介(ぜせ)&ITmediaアキバ取材班,ITmedia]

3.5型ベイをただ2.5型化するだけじゃない――こだわりのSSDマウンタ

og_akiba_001.jpg 親和産業「SST-NMT304」と「SS-NMT305」

 先週、親和産業からレイアウトにこだわった2.5型SSD/HDDマウンタが登場した。3.5型ベイに左寄せで固定できる「SST-NMT304」と、右寄せできる「SS-NMT305」、1つの3.5型ベイに左右ずらしで上下2段に固定できる「SS-NMT306」、中央ぞろえで前後のネジ穴も対称の「SS-NMT307」の4種類で、価格は順に740円、740円、1080円、580円となる。製造は長尾製作所だ。

 3.5型ベイ内部の固定位置を調整することで、ケーブル類の物理的な干渉が防げるメリットがある。タテに2つの2.5型ドライブが並んでいると、一般的な電源ケーブルは隙間不足で装着が困難になるほか、L字のデータケーブルが使えない場合もある。各ドライブを左右に振り分けることで、これらの問題が解消できるのだ。

 売れ行きの動向はまだ見えていないが、入荷したTSUKUMO eX.は「単に3.5型ベイを2.5型ベイ化して空間を殺すのではなく、より合理的に空間が切り取れるようになります。こういう選択肢があると、自然とPCケース内の細かな配置まで意識できるようになるので、応援したいですね。最近、長尾製作所が製造するユニークなパーツが増えてきてうれしいです」と高く評価していた。

 レイアウトにこだわるという意味では、見た目重視で寄せる方向をそろえるのもありだ。実際、ケーブルの見え方まで気にするユーザーには、表に出るケーブルの長さや色まで気を配る例があるという。同じタイミングで登場した、黒一色のメイン電源延長ケーブル「WAX-2415BK」も、そうしたこだわり派に注目されているそうだ。メーカーはアイネックスで、価格は720円前後だ。

og_akiba_002.jpgog_akiba_003.jpgog_akiba_004.jpg 「SST-NMT304」と「SS-NMT305」のパッケージ裏側には、長尾製作所の文字が大きくプリントされている(写真=左)。親和産業「SS-NMT306」と「SS-NMT307」(写真=中央)。アイネックス「WAX-2415BK」(写真=右)

関連キーワード

アキバ | 自作


       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.