ニュース
» 2013年04月11日 15時00分 UPDATE

iPhone/iPadにも接続可能:手のひらサイズで110グラム――パナソニック、USBバスパワーで動作するモバイルプロジェクター

パナソニックは、USBバスパワーで動く手のひらサイズの小型プロジェクターを発売する。放熱効率を高め、消費電力を抑えたことでUSBバスパワーでの動作を実現した。

[池田憲弘,ITmedia]
photo モバイルプロジェクター「LF-PJ525H」

 パナソニック プレシジョンデバイスは4月11日、モバイルプロジェクター「LF-PJ525H」を発表した。2013年4月20日に発売する。価格はオープンで、想定実売価格は4万円前後。

 本製品はUSBバスパワーで動作する3LED光源のDLPプロジェクター。102(幅)×60(奥行き)×22(高さ)ミリというコンパクトなボディが特徴で、重量は約110グラムだ。放熱効率を高めたアルミボディを採用し、冷却ファンの消費電力を抑えたことで、USBバスパワー動作を実現した。使用時の消費電力は最大9ワットで、騒音も最大38デシベルと会議で使用しても気にならない程度に抑えたという。

 映像入力インタフェースはHDMI(HDCP対応)を採用。ドライバが不要でデバイスに接続してすぐに投射できる。解像度は854×480ドットで、明るさは25〜50ルーメンまで3段階に調節可能だ。最大で60インチの投写が可能で、最短投写距離は37センチ(画面サイズは10インチ)。画像の左右反転機能も備えており、透過スクリーンなどを使った背面からの投射にも対応する。

 映像入力がない場合は、白色ライトの照明としても利用可能だ。対応OSはWindows XP/7/8で、USBケーブルとHDMIケーブルが付属する。

photophoto 天面には電源ボタンのほか、明るさ調整のボタンや画面反転のボタンを備える(写真=左)。USBケーブルとHDMIケーブルが付属する(写真=右)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.