ニュース
» 2013年04月11日 15時44分 UPDATE

ドコモ、Wi-Fiタブレット「dtab」の店頭販売を4月18日に開始

ドコモオンラインショップと同様のキャンペーンを適用すれば実売想定価格は1万円前後に。

[平賀洋一,ITmedia]

 NTTドコモは4月18日から、Wi-Fi接続専用のAndroidタブレット「dtab」(Huawei製)の店頭販売を開始する。ドコモショップでは11日から事前予約を開始した。

photophoto 「dtab」

 dtabは約10.1インチのワイドXGA(1280×800ピクセル)表示に対応したTFTディスプレイを備えたタブレット。質感の高いアルミ製のボディを採用しており、厚さは約9.9ミリと薄い。OSはAndroid 4.1で、CPUには1.2GHz動作のクアッドコアプロセッサー「K3V2T」を搭載する。3G接続機能はなく、Wi-Fi接続でのみネットにつながる。

 ドコモオンラインショップでは3月27日に発売済みで、通常価格は2万5725円。なお既存のspモードユーザーが「dビデオ」(月額525円)を6カ月間以上契約する場合は、9月30日まで9975円で販売するキャンペーンを実施している。

 なお店頭販売時の価格は店舗により異なるが、ドコモオンラインショップと同様のキャンペーンを行う店舗の実売想定価格は1万円前後になるという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう