ニュース
» 2013年07月18日 13時21分 UPDATE

ロジテック、高信頼HDD“WD Red”を採用したWSS導入キューブ型NAS「LSV-5S4CQWZ」

ロジテックは、OSとしてWindows Storage Server 2012 Workgroup Editionを導入した省スペース型NAS「LSV-5S4CQWZ」シリーズを発表した。

[ITmedia]
photo LSV-5S8T/4CQWZ

 ロジテックは7月18日、OSとしてWindows Storage Server 2012 Workgroup Editionを導入した省スペース型NAS「LSV-5S8T/4CQWZ」を発表、8月中旬より同社Web直販限定で販売を開始する。Web直販価格は22万8000円だ(税込み)。

 LSV-5S8T/4CQWZは、計4基の3.5インチHDDを内蔵したキューブ型筐体を採用する小型NASで、内蔵HDDとしてウエスタンデジタル製の高信頼性モデル「WD Red」(2Tバイト×4基)を採用しているのが特徴だ。

 RAIDレベルはRAID-0/1/5に対応。OSとしてWindows Storage Server 2012 Workgroup Editionを導入しており、iSCSIドライブターゲット機能や共有データのバックアップ機能なども利用できる。またAES 256ビット暗号化によるディスク暗号化機能も標準で装備した。本体サイズは184(幅)×280(奥行き)×193(高さ)ミリ、重量は約7.5キロ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.