ニュース
» 2013年08月13日 15時00分 UPDATE

基本無料:キングソフト、プレゼンファイルの編集が可能なiOS向けアプリ「KINGSOFT Presentation」

キングソフトがiOS端末向けのオフィスアプリを無償で公開。プレゼンテーションファイルのテキスト部分を編集できる。

[池田憲弘,ITmedia]

 キングソフトは8月13日、プレゼンテーションファイルの閲覧やテキスト編集が可能なiOS端末向けアプリ「KINGSOFT Presentation」をApp Storeで公開した。無料でダウンロードできる。

 本ソフトはMicrosoft Officeで作成されたPowerPointのデータをiPhoneやiPadで閲覧やテキスト部分の編集が行える。同社はこれまでもiOS搭載端末向けに、オフィスアプリ「KINGSOFT Office for iPhone」などをリリースしているが、データの編集に対応するのは本アプリが初めて。将来的にはテキスト以外の部分も編集可能にするという。

photophoto KINGSOFT Presentation(写真=左)、ノートを手元で見られる「発表者ビュー」機能は有償オプションとして用意する(写真=右)

 互換性については、PowerPointで作成されたファイルについてはアニメーションやビデオを含めてほとんど問題なく閲覧できるとしている。DropboxやGoogleドライブといったクラウドサービスとの連携機能も備えており、ファイルのダウンロードや表示が簡単に行える。

 同一ネットワーク上にあるデバイス(最大6台)にスライドショーを表示させ、遠隔操作が行える「再生共有機能」を備え、再生共有機能の使用中に、スライドに挿入したノートを確認できる「発表者ビュー」機能を有料オプション(1.99ドル、2013年8月13日現在で約194円)として用意する。

 対応OSはiOS 5.0以降。歴代のiPhone、iPad並びに第3世代以降のiPod touchに対応する。

photo KINGSOFT Presentation

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう