ニュース
» 2013年08月15日 01時08分 UPDATE

Windows 8.1は10月17日公開

Windowsの次期大規模アップデート「Windows 8.1」は、日本時間の10月17日午後9時にWindowsストアを通じて無償配布される。

[ITmedia]
og_win8_001.jpg Windows 8.1の公開日を明らかにしたBlogging Windows

 米Microsoftは8月14日(現地時間)、Windows 8.1をニュージーランド時間の10月18日0時(日本時間17日午後9時)に、Windowsストアを通じて世界同時配信すると発表した。Windows 8ユーザーは無償。また、Windows 8.1搭載PCも同時に発売される。

 Windows 8.1では、Windowsストアアプリにおけるウインドウサイズが可変になるほか、Webブラウザ「Internet Explorer 11」の実装やクラウドサービス「SkyDrive」の統合促進など、さまざまな新機能、改良が加えられる。詳細はWindows連載(鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8」)を参照してほしい。

si_win81preview-11.jpgsi_win81preview-12.jpgsi_win81preview-13.jpg Windows 8.1(Preview)のデスクトップ画面には、Windows 8で省かれた左下のスタートボタンが復活しており、押すとスタート画面に移動する(画像=左)。このボタンを右クリックすると、Windows 7以前のスタートメニューで呼び出せた機能が現れる(画像=中央)。スタート画面で画面全体を上方向にスワイプすると、アプリ一覧が出現する(画像=右)
si_win81preview-29.jpgtm_1308win81_00.jpgtm_1308win81_01.jpg Modern UIでも画面を分割して2つ以上のアプリを同時に実行可能だ(画像=左)。Internet Explorer 11も、Modern UI版IEで複数ページの同時表示ができる(画像=中央)。デスクトップ画面のエクスプローラには、左ペインに「SkyDrive」の項目が用意され、ローカルストレージと同じような感覚で扱える(画像=右)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.