連載
» 2013年08月20日 10時00分 UPDATE

鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8.1」:Windows 8.1新機能チェック──強化された「マルチディスプレイ環境」 (1/2)

2013年10月17日のリリースが決まったWindowsの次期バージョン「Windows 8.1」。今回はWindows 8.1で強化された機能の1つ「Modern UIのマルチディスプレイ環境」を深掘りしよう。

[鈴木淳也(Junya Suzuki),ITmedia]

Windows 8.1で強化された「Modern UIのマルチディスプレイ環境」を考える

photo Windows 8.1(Preview)のスタート画面

 「Windows 8.1」のリリース/公開日が決まった。日本時間では2013年10月17日21時にWindowsストアを通じて配信される。

 Windows 8まで、マルチディスプレイはデスクトップUI画面での利用のみを想定しており、Modern UIアプリには最適化されていなかった。Modern UIで使用するWindowsストアアプリは基本的に全画面での動作を前提としており高解像度のディスプレイ表示環境に拡張してもその特徴はあまり生かせない、とされていたためだろう。

 具体的には、Windows 8のModern UI版アプリは仮にPCに複数台のディスプレイを接続していたとしても、メインディスプレイ(プライマリディスプレイ)のみの表示となる(他方のディスプレイには、デスクトップUIにおけるセカンドディスプレイの画面が表示されたままになる)。Windows 8にはModern UIで動作するスタート画面が存在し、多くの操作はこのスタート画面を経由するため、デスクトップUI画面のみでの運用が難しいという問題もあった。

 この点、Windows 8.1は以下3つの点でマルチディスプレイ環境での動作が改善された。

  1. タスクバーの使い勝手が向上し、デスクトップUI画面そのものの機能改良が行われた
  2. メイン以外のディスプレイにおいてもModern UIアプリを表示できるようになった
  3. 新たなModern UI向け機能「ウインドウサイズを可変可能に」により、複数のアプリを同時に表示できるようになった

 である。特に(3)については、アプリが動作できる最低の横解像度が500ドットに設定されたことで“画面分割が可能”になり、例えばデュアルディスプレイ環境では、1画面に2つ、計4つのアプリを同時に画面表示できるようになる。では、このあたりをもう少し具体的に見ていこう。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.