ニュース
» 2013年10月03日 13時18分 UPDATE

上海問屋、“3Dサウンド機能”も備えたノイズキャンセリング対応ヘッドフォン

ドスパラは、ノイズキャンセリング機能を備えたヘッドフォン計2製品の取り扱いを発表。上位モデルは“3Dサウンドエフェクト機能”も備えている。

[ITmedia]

 ドスパラ運営の通販ショップ「上海問屋」は10月3日、ノイズキャンセリング機能を備えたヘッドフォン計2製品「DN-10090」「DN-84880」の取り扱いを発表、10月3日に販売を開始した。価格はDN-10090が4999円、DN-84880が8999円(ともに税込み)。

photophoto DN-10090(左)、DN-84880(右)

 2製品は周囲の騒音を打ち消すノイズキャンセリング機能を搭載したヘッドフォンで、ともに40ミリ径のドライバーユニットを搭載。ノイズキャンセル機能用のバッテリーは単四形乾電池2本を使用、持続時間はアルカリ電池使用時で約60時間となっている。ノイズ低減率はDN-10090が最大80%、DN-84880が最大90%だ。

 また上位モデルのDN-84880は「3Dサウンドエフェクト機能」を搭載しており、通常のステレオサウンドを立体感のある3Dサウンドに変換できる。3Dサウンドモードは「Stereo」「Music」「Movie」の3タイプに切り替えが可能だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.