ニュース
» 2013年10月16日 13時30分 UPDATE

2013年PC秋冬モデル:“3K液晶”が選べる14/15型プレミアムノート――「ThinkPad T440p/T540p」

パフォーマンス志向のプレミアムノートPC「ThinkPad T」シリーズは、第4世代Core i7+外部GPUのハイスペック構成に対応。15型の「T540p」は“3K液晶”も選べる。

[ITmedia]

15型はテンキー付きキーボード+3Kディスプレイを用意

 レノボ・ジャパンは10月16日、14型ノートPC「ThinkPad T440p」および15型ノートPC「ThinkPad T540p」を発表した。レノボ・ショッピングでの発売日はT440pが2013年10月下旬、T540pが11月の予定だ(T440pの法人向けモデルは10月16日発売)。価格はT440pが12万1000円前後からの見込み、T540pの価格は11月に公開予定。

T440p/T540pT440p/T540p 左が「ThinkPad T440p」、右が「ThinkPad T540p」

 ThinkPad T440p/T540pはThinkPadのラインアップでプレミアムモデルに位置付けられる14/15型ノートPC。Haswellこと第4世代Coreに外部GPUを組み合わせられるパフォーマンス志向の構成に、T440pは14型で最大1920×1080ドット、T550pは15型で最大2880×1620ドット(3K)表示の高解像度ディスプレイを搭載できる。

 キーボードはバックライト付きの6列プレシジョンキーボードを搭載し、T540pはテンキーも備えている。ポインティングデバイスは、ThinkPadの大きな特徴であるスティック型のトラックポイントに加えて、ガラス製クリックパッドにトラックポイントのボタンも含め、計5個のボタンを組み込んだ「5ボタントラックパッド」を採用した。

 主な仕様はvPro対応の第4世代Core i7/Core i5、GeForce GT 730M/CPU内蔵グラフィックス(Intel HD Graphics 4600)、最大16Gバイトのメインメモリ、最大1TバイトHDDか512GバイトSSD(OPAL対応)、DVDスーパーマルチドライブなど。液晶ディスプレイはT440pが1366×768ドット、1600×900ドット、1920×1080ドット(IPS)から、T540pが1366×768ドット、1920×1080ドット(IPS)、2880×1620ドットから選択可能だ。

 インタフェース類はUSB 3.0×4(うち1つはパワーオフ充電対応)、ギガビット有線LAN、Mini DisplayPort、アナログRGB、ThinkPad Dockコネクタ、4in1メモリカードスロット、ExpressCard/34スロット(T540pのみ)、720p Webカメラ(オプション)、スマートカードリーダー(オプション)、NFC(オプション)など。

 バッテリーはT440pが交換可能な6セル/9セルタイプ、T540pが交換可能な9セルタイプに対応(駆動時間は後報)。T440pは本体サイズが335(幅)×229.1(奥行き)×27.9〜32.9(厚さ)ミリ(1366×768ドット液晶搭載時)、重量が約2.14キロ(CPU内蔵グラフィックスのみ)もしくは約2.16キロ(GeForce GT 730M搭載時)。T540pは本体サイズが376.6(幅)×248.1(奥行き)×27.9〜29.5(厚さ)ミリ(1920×1080ドット液晶搭載時)もしくは29.9〜33.9(厚さ)ミリ(1366×768ドット液晶搭載時)、重量は11月に公開予定だ。

T440p/T540pT440p/T540p T440pの背面(写真=左)と正面(写真=右)
T440p/T540pT440p/T540p T540pの背面(写真=左)と正面(写真=右)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.