ニュース
» 2013年10月18日 19時39分 UPDATE

UIも改良:64ビット対応で快適動作――「Corel PaintShop Pro X6」製品説明会

イーフロンティアがフォトレタッチソフト「Corel PaintShop Pro X6」の説明会を実施。64ビット対応や新UI、高機能なプラグインなどを紹介した。

[ITmedia]
og_pspx6_001.jpg コーレルマーケティング部の今澤浩之氏

 イーフロンティアは、9月27日に発売したフォトレタッチソフトの最新版「Corel PaintShop Pro X6」に関するメディア向け説明会を実施、コーレルマーケティング部の今澤氏が新バージョンの特徴を解説した。

 Corel PaintShop Pro X6の注目ポイントは大きく2点。1つが64ビットネイティブ対応、もう1つがユーザーインタフェースの改善だ。開発元のCorelが行ったユーザー調査によると、スピードに関する要望が最も高く、これを受けて今回のバージョンでは高速化に注力した製品開発を行ったという。

 今澤氏は、「Photoshop Elements 11」と処理速度を比較したグラフを示しながら、「64ビットOSに対応したことで、特に高解像度の写真を複数バッチ処理するときは非常に速い」と、競合製品に対するアドバンテージを強調。また、「(前バージョンと)画面を並べなければ分からないかもしれないが」と前置きしたうえで、サムネイル画像の大きさや余白の間隔、パレットのレイアウトを全面的に見直すなどユーザーインタフェースを改良し、「以前と同じ操作感を踏襲しながら、さらに使いやすくなった」とアピールした。

og_pspx6_002.jpgog_pspx6_003.jpg PaintShop Pro X5との処理速度比較。複数ファイルのバッチ処理では60〜80%ほど高速化されているのが分かる。ちなみに32ビット動作時でも最新バージョンはかなり速い(写真=左)。ユーザーインタフェースも細かく改良されている(写真=右)

 このほか、オブジェクトの境界をなぞることで簡単に切り抜ける機能や、選択領域内のオブジェクトの輪郭を自動抽出する機能、サムネイル画像を直接レイヤーとして扱う機能などを紹介し、切り抜き合成や多重露光のような画像を簡単な操作で作成できる機能を紹介。さらに、上位版であるCorel PaintShop Pro X6 Ultimateの特徴として、高度な自動露出補正が行える「Perfectly Clear」プラグインや、人物写真に「化粧までさせてしまう」(今澤氏)という「FaceFilter3 Standard」プラグインのデモも披露した。

og_pspx6_004.jpgog_pspx6_005.jpg 合成写真や多重露光のようなイメージを簡単に作成できる

og_pspx6_006.jpgog_pspx6_007.jpg Ultimate版は自動補正に特化したプラグイン「Perfectly Clear」(写真=左)や、ポートレート写真をプリセットで簡単に加工できる「FaceFilter3 Standard」(写真=右)などを付属。単体で購入すると200ドル近いプラグインもあるため、こうした機能に魅力を感じるなら、標準版に5000円程度上乗せすれば購入できるUltimate版はかなりお得だ

 製品ラインアップは、「Corel PaintShop Pro X6」、プラグイン各種を付属する「Corel PaintShop Pro X6 Ultimate」、PaintShop Pro X6とVideoStudio Proをパッケージにした「Corel Photo & Video X6」の3製品。それぞれにアップグレード版やアカデミック版、ダウンロード版が用意されている。標準パッケージの価格は順に、1万290円、1万5540円、1万8690円だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.