レビュー
» 2013年10月25日 17時41分 UPDATE

これなら買える!:1台目のゲームPCにオススメな「NEXTGEAR i630GA2-W81」 (1/2)

これまで2回続けて夢のマシン「MASTERPIECE」を紹介してきたが、今回は現実的な“これなら買える”ゲームPCとして「NEXTGEAR i630GA2-W81」を紹介しよう。

[石川ひさよし(撮影:矢野渉),ITmedia]
ココが「○」
・Core i7+GTX 770の高性能システム
・コストパフォーマンスの高さ
・PCゲーマー向け“甲冑”デザイン
ココが「×」
・標準構成はSSDではなくHDD
・“最高”を目指すとMASTERPIECEに劣る

価格を抑えつつゲームパフォーマンスを追求したNEXTGEARシリーズ

 マウスコンピューターのゲーミングPCブランド「G-Tune」のデスクトップPCには、2つのシリーズがある。1つがフラッグシップとして君臨する「MASTERPIECE」シリーズ。そしてもう1つが、スタンダードな「NEXTGEAR」シリーズだ。これまで2回続けて夢のマシン「MASTERPIECE」を紹介してきたが、今回は現実的な“これなら買える”ゲームPCとして「NEXTGEAR i630GA2-W81」を紹介しよう。


og_mouse_001.jpg NEXTGEAR i630GA2-W81

 「NEXTGEAR i630」シリーズは、高性能なCore i7とGeForce GTXシリーズのグラフィックスカードを組み合わせたPCだ。ゲームもこなせるパフォーマンスを備えながらも、現行ブロンズモデルなら9万9750円から購入でき、予算に合わせてカスタマイズも可能と、高いコストパフォーマンスを誇る。

 今回評価したモデルは、CPUにCore i7-4770(3.4GHz)、GPUにGeForce GTX 770(2Gバイトを採用し、OSに最新の64ビット版Windows 8.1を組み合わせた「NEXTGEAR i630GA2-W81」だ。ちなみに、Windows 8.1はすでに販売開始されており、スタートメニュー(風のもの)が復活したり、いくつかの機能に変更が加えられている。

 まずはケースのデザインをチェックしていこう。上位モデルのMASTERPIECEがスッキリとした外観だったのに対し、NEXTGEARではゲーマーの心をくすぐる「甲冑」ライクなデザインを取り入れているのが印象的だ。フロント表面は光沢のあるブラックで、そこにスリットのあるシルバーのプレートがアクセントになっている。起動時には青色LEDが内部で光り、前方下部に投影するギミックがある。

 電源ボタンは天板部の一段出っ張った部分にある。押し間違いやすい場所だが、やや小さいボタンで少し奥まっており、さらに固めなので、誤動作することはほとんどない。電源ボタンの後方は一段凹んでおり、ここにはメディアカードリーダーとUSB 3.0×2、USB 2.0×2、オーディオ入出力端子が並んでいる。フロントパネルは左を軸に開く構造で、マグネットで止まるシンプルなものだ。フロント内部は通気性のよいメッシュになっている。

og_mouse_002.jpgog_mouse_003.jpgog_mouse_004.jpg 本体前面/背面/左側面

 ケース内部の作りは比較的シンプルだが、グラフィックスカードの後方には広いスペースがあり、ファンの風を直接吹き当てることができるレイアウトが、ゲーミングPCとしての設計と感じられる。5インチベイは2基、3.5インチベイはオープン1基+シャドウ4基の計5基。3.5インチオープンベイ以外はツールレス機構が備わっている。ちなみに、評価機に搭載されていたHDDは容量2Tバイトの東芝製「DT01ACA200」だった。電源はFSP製の80PLUS Goldモデルで、出力は700ワット。裏面配線のないケースなので、ケーブルは内部で取り回されているが、内部の空間は十分に広く窮屈な感じはしない。

og_mouse_005.jpgog_mouse_006.jpgog_mouse_007.jpg 本体前面側のファンで吸気した空気が直接グラフィックスカードに流れるエアフローになっている(写真=左)。シャドウベイはツールレスでHDD/SSDの増設・換装が可能だ(写真=中央)。前面インタフェースは天板側のくぼんだ部分に並ぶ。本体を床に置いた際に手が届きやすい位置になる(写真=右)

 パーツの核となるマザーボードはMSI製だ。OEMモデルとみられるマザーボードは電源回路部にヒートシンクがない。ただし、拡張スロットはPCI Express x16が2本とx1スロットが3本と、ローエンドモデルのようにPCIスロット重視のものではなかった。

 グラフィックスカードにMSI製の「N770GTX Twin Frozr 4S OC」が搭載されていた。デュアルファンに極太ヒートパイプを組み合わせたTwin Frozr 4クーラーは、ゲーム中でも動作音が静か。CPUクーラーはオーソドックスなトップフロータイプで、ファンの口径はリテールクーラーより若干大きめだ。トータルでの静音性は良好。グラフィックスカード以外で、とりわけ静音性を重視した構成は見られないが、ビビリ音や共振などがないためか、かなり静かに感じた。

og_mouse_008.jpgog_mouse_009.jpgog_mouse_010.jpg グラフィックスカードはMSIの「N770GTX Twin Frozr 4S OC」(写真=左)。最新のWindows 8.1をプリインストールする(写真=画面)。Windows 8.1でWindows エクスペリエンス インデックスがなくなったため、フリーソフトの「WIN SCORE SHARE」を使用した。HDDが足を引っ張った形で5.9となっているが、そのほかは8ポイント台だ(画面=右)

top_features1_icon_2_1379074020.jpg

→PC USER特設ページ「mouse computer station」
5GHzの衝撃!! AMDファン待望のモンスター級ゲーミングPC「MASTERPIECE a1500BA1」が登場! こだわり派のあなたへ


       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう