ニュース
» 2013年10月28日 12時13分 UPDATE

古田雄介のアキバPickUp!:「Surface 2」発売、アキバの反応は? (1/4)

Windows 8.1登場から1週間で、MS純正端末「Surface 2/Pro 2」がアキバに登場。さて、その反響は……?

[古田雄介(ぜせ)&ITmediaアキバ取材班,ITmedia]

「併売のSurfaceより関心が持たれているのは確か」

og_akiba_001.jpg マイクロソフト「Surface Pro 2」

 先週末、マイクロソフトの「Surface 2/Pro 2」が複数のショップの店頭に並んだ。それぞれSSDの容量別に2タイプ用意しており、Windows 8.1 Proを搭載したSurface Pro 2は、256Gバイトモデルが13万円弱、128Gバイトモデルが10万円弱で出回っている。Windows RT 8.1搭載のSurface 2は64Gバイトモデルが5万5000円弱、32Gバイトモデルが4万5000円弱だ。Surface Pro 2は512Gバイトモデルもラインアップしているが、発売は2013年11月1日ということで、取材時には取り扱いを確認できなかった。

 どちらも初代Surfaceの後継という位置づけで、ともに10.6型のフルHD液晶を採用している。OSのバージョンがWindows 8 Pro/RTからWindows 8.1 Pro/RT 8.1にアップしているほか、CPUを強化してボディを若干スリムにするなどの強化を図っている。

 街全体の反響は上々で、展示機の周囲に人が集まる光景をよく目にした。ただし、まだ売れ行きは不透明な様子。

 TSUKUMO eX.は「まだ様子見という感じで、モノや価格をチェックする方がほとんどですが、その数が予想以上に多い印象です。潜在的な購入層はかなり多そうですね。様子見が終わったあとにどう転ぶか……と少し期待しています」と話していた。2モデルを比べると、上位のSurface Pro 2に注目するユーザーのほうが多いようだ。

 なお、初代Surfaceも併売されており、現品特価も含めて32Gバイトモデルが4万円切り、64Gバイトモデルが5万円切りするショップがいくつかみられたが、そこまで大きな反響はないようだ。

 某ショップは「初代Surfaceはアキバに来る層とちょっとズレているところがあるので、多少安くなってもそこまで目立った売れ方はしないと思います。まあ、新型はRTのほうも性能がかなり上がっているみたいなので、そちらがヒットしてくれれば」と素っ気なく語った。

og_akiba_002.jpgog_akiba_003.jpg Surface Pro 2の128Gバイトと256Gバイトモデル(写真=左)。TSUKUMO eX.で値下げされていた初代Surface(写真=右)

関連キーワード

アキバ | Haswell | パーツショップ | 自作


       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.