ニュース
» 2013年10月28日 20時54分 UPDATE

手で触れずに操作:シャープ、「3Dモーションセンサー」を1パッケージ化──タブレットを“かざして操作”対応に

シャープが、光LED/受光部/三次元座標計算処理プロセッサを1パッケージ化した3Dモーションセンサー部品を開発。PCやタブレットへの採用を見込み、近い将来「かざすだけ操作」の機能があたり前になるかもしれない。

[ITmedia]
photo 3Dモーションセンサー「GP2Y8E01」

 シャープは10月28日、3Dモーションセンサー「GP2Y8E01」を開発したと発表。2013年10月31日よりサンプル出荷を開始、2014年3月に量産を開始する。サンプル価格は1100円/個。

 GP2Y8E01は、PCやタブレット、車載機器を「画面へ触れず、手をかざして操作できる」ようにする機能を付加できるセンサー部品。赤外発光LED、受光センサー、座標計算処理回路(DSP/受光センサーが受けた手の位置や動きを三次元化し、座標に計算処理する回路)を業界で始めて(2013年10月28日現在、同社調べ)1パッケージ化し、小型サイズ(7.9×3.9×3.4ミリ)を実現したことで小型の機器への搭載を可能にした。

 通常、座標の計算処理は機器内蔵のCPUで行うが、座標計算処理回路も内蔵したこの部品により機器への負荷を押さえ、結果として省電力化にも寄与するとしている。また、タブレットなどで広く使用されるI2Cバスのインタフェースを採用し、機器への組み込みも容易にした。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう