ニュース
» 2013年10月28日 21時15分 UPDATE

人間の呼吸だけで操作できるマウス、近畿大学が開発

近畿大学の研究室が、人間の呼吸だけでマウス操作を行える装置を開発。重度の障がい者がPCで入力操作をするのに非常に有用なツールになるという。

[池田憲弘,ITmedia]
photo 呼吸でマウスの操作が行える

 近畿大学は10月28日、人間の呼吸でマウス操作を行える装置「呼気マウス」を生物理工学部の人間工学科人間支援ロボット研究室が開発したと発表した。呼気で左右クリックが行えるほか、カーソルを上下左右方向に動かせる。

 この呼気マウスは、重度の障害者がPCで入力操作をするための装置だ。呼吸の種類(呼気/吸気)や呼気量をセンサーで測定し、入力操作に変換する。カーソル移動は息の強弱と吸う、吹くの組み合わせで、左右クリックは短く強く吸う、吹くで操作できるという。

 呼気マウスを使用することで、上肢の機能が著しく低下した重度の障がい者が、テキストの表示や、SNSを通じて他者とのコミュニケーションが図れ、生活の質が向上するとしている。

photophoto 呼吸の流量を測定するセンサー(写真=左)と変換器となる呼気マウス(写真=右)

関連キーワード

障がい者 | 大学 | コミュニケーション


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.