ニュース
» 2013年11月20日 14時39分 UPDATE

パイオニア、外付けBDドライブやUSB機器を無線化できるワイヤレスドック「APS-WF01J」

パイオニアは、USB仮想化技術を採用したワイヤレスドック「APS-WF01J」を発表。同社製外付けBDドライブのほか、各種USB機器のワイヤレス化を行なえる。

[ITmedia]
photo APS-WF01J

 パイオニアは、USB仮想化技術を採用したワイヤレスドック「APS-WF01J」を発表、11月下旬に発売する。価格はオープン、予想実売価格は1万5000円前後の見込みだ。

 APS-WF01Jは、同社製のUSB外付けBDドライブを接続することで無線接続化を行なえるワイヤレスドック。実行速度70Mbpsの高速転送を可能としたUSB仮想化技術に対応しており、PCと直接接続することでBDソフトの再生なども楽しめる“アクセスモード”を搭載。また、無線LANルータ経由で接続できる“ステーションモード”も備えた(排他での切り替え利用)。各種USB機器のワイヤレス化にも対応、USBメモリやHDD、スキャナなどさまざまな機器をワイヤレス化することも可能だ。

 ワイヤレス規格はIEEE802.11a/b/g/nをサポート。本体サイズは118(幅)×142(奥行き)×35(高さ)ミリ、重量は200グラム。対応OSはWindows XP/Vista/7/8/8.1、Mac OS X 10.6〜10.9。

関連キーワード

USB | パイオニア | 無線


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.