ニュース
» 2014年01月14日 12時55分 UPDATE

NECアクセステクニカ、中継器としても使える11ac対応無線LANルータ「AtermWF1200HP」

NECアクセステクニカは、最新のIEEE802.11ac接続にも対応した無線LANルータ「AtermWF1200HP」を発表した。

[ITmedia]
photo AtermWF1200HP

 NECアクセステクニカは1月14日、IEEE802.11ac接続をサポートする無線LANルータ「AtermWF1200HP」(型番:PA-WF1200HP)を発表、1月23日に発売する。製品ラインアップは単体モデルのほか、子機付きセットモデルとなる“イーサネットコンバータセット”(型番:PA-WF1200HP/E)、“USBスティックセット”(型番:PA-WF1200HP/U)も用意される。価格はオープン、予想実売価格は単体モデルのPA-WF1200HPが1万円前後、セットモデルのPA-WF1200HP/E/同/Uがそれぞれ2万円前後/1万7000円前後の見込みだ(いずれも税込み)。

 AtermWF1200HPは、最新規格となるIEEE802.11ac接続に対応する無線LANルータで、11ac接続時には理論値最大867Mbpsの高速転送に対応したほか、従来のIEEE802.11a/b/g/n接続もサポートした。

 また本機を中継器として利用することも可能で、5GHz帯での利用時には独自の「TVモード」による中継機能により快適な動画視聴を行なうことができる。

 有線ポートは10/100BASE-TX対応ポート4基(WAN側1基、LAN側3基)を装備。接続設定機能としては、スマートフォンなどをかざすだけで接続設定を行なえるNFC対応の“らくらく「かざして」スタート”機能などを利用可能だ。本体サイズは約33(幅)×97(奥行き)×146(高さ)ミリ、重量は約0.2キロ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.