ニュース
» 2014年02月18日 23時00分 UPDATE

新フラッグシップ「TITAN Black」も登場:NVIDIA、Maxwell世代の最新GPU「GeForce GTX 750 Ti」を発表

NVIDIAは、Maxwellアーキテクチャを採用した初のGPU「GeForce GTX 750 Ti」および「GeForce GTX 750」を発表、メインストリーム向けに投入する。

[ITmedia]
og_nv_000.jpg

 NVIDIAは2月18日(現地時間)、最新のMaxwellアーキテクチャを採用する初のGPU「GeForce GTX 750 Ti」および「GeForce GTX 750」を発表した。同GPUを搭載する製品はグラフィックスカードベンダー各社から登場し、市場価格は2Gバイトのグラフィックスメモリを搭載するGTX 750 Tiが149米ドル、メモリ1GバイトのGTX 750 Tiが139米ドル、GTX 750が119米ドルになる見込み。

 ともに“第1世代Maxwell”アーキテクチャを採用する製品で、新たにSM(Streaming Multiprocessor)の構成を見直し、CUDAコアの利用効率を高めることで、電力当たりの性能を大きく向上したのがトピックだ。

 同社によれば、GeForce GTX 750 Tiは、GTX 550 Tiの半分の電力で倍の性能を発揮し、Fermi世代のフラッグシップだったGeForce GTX 480に匹敵する性能を持ちながら、消費電力は60ワットと、約4分の1に低減したという。

 主な仕様は以下の通り。なお、同GPUはNVIDIAの最新アーキテクチャ“Maxwell”を徹底解説で詳細を解説している。

og_nv_001.jpgog_nv_002.jpg 「GeForce GTX 750 Ti」と「GeForce GTX 750」の主な仕様

 なお、今回の発表にあわせて、NVIDIAは新フラグシップモデル「GeForce GTX Titan Black」も同時発表している。従来同様GK110コアを採用するが、CUDAコアは従来の2688基から2880基構成に変更され、ベースクロックが889MHzに、ブーストクロックが980MHzに向上している。

og_nv_003.jpgog_nv_004.jpg GeForce GTX Titan Blackの主な仕様

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.