ニュース
» 2014年03月10日 20時03分 UPDATE

光ディスクは1Tバイトへ:ソニーとパナソニック、業務用次世代光ディスク規格「Archival Disc」策定

まずは1枚300Gバイトで2015年夏以降の市場投入を目指す。

[ITmedia]
og_archivaldisc_001.jpg Archival Discのロゴ

 ソニーとパナソニックは3月10日、業務用次世代光ディスク規格「Archival Disc」(アーカイバル・ディスク)を策定したと発表した。両社はこれまで、今後拡大が期待されるアーカイブ市場に対応するため、デジタルデータの長期保存に適した光ディスクの高容量化で共同開発を進めてきた。

 今回策定されたArchival Discでは、光ディスク1枚当たり300Gバイトの容量を持つシステムを2015年夏以降に順次投入し、さらに500Gバイト、1Tバイトと記憶容量を拡大していく計画としている。

関連キーワード

Archival Disc | パナソニック | ソニー | 次世代


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう