ニュース
» 2014年03月11日 12時29分 UPDATE

2013年の国内タブレット出荷は前年比“67%増”の伸び――IDC調べ

IDC Japanは、2013年度第4四半期および2013年度の国内タブレット端末市場規模についての発表を行なった。

[ITmedia]
photo 2013年第4四半期 国内タブレット端末出荷台数ベンダー別シェア

 IDC Japanは3月11日、2013年度第4四半期および2013年度の国内タブレット端末市場規模についての発表を行なった。

 2013年第4四半期のタブレット端末の出荷台数は、前年の同期比で21.5%増の223万台で、四半期ベースとしては初の200万台超えを記録。この理由として「iPad」シリーズが好調であったことのほか、NTTドコモ向けの4G回線付きAndroid端末の安定した販売推移と、マイクロソフト製のWindows搭載端末の出荷拡大が原因となっている、としている。

photo 2013年 国内タブレット端末出荷台数ベンダー別シェア

 また、2013年度のタブレット端末出荷台数は前年比で67.2%増の743万台となった。ベンダー別では、年間を通じiPadで高いシェアを獲得したアップルが43.8%、次いでASUSTeKが17.1%を獲得。また3位には、Windows搭載端末でシェアを伸ばしたマイクロソフトが6%でトップ3入りを果たしている。

関連キーワード

2013年 | タブレット | IDC | 市場規模


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.