ニュース
» 2014年03月29日 11時51分 UPDATE

週末アキバ特価リポート:消費税アップ直前、Windows 7の売れ行きが加速 (1/2)

消費税増税前の最後の週末に向かって、PCパーツ街ではWindows 7の売れ行きが急激に伸びている。一部のショップからは「週末の在庫切れが心配」との声も漏れる。

[古田雄介,ITmedia]

「XP買い換えのピークも同時に来ている感じです」

og_akibatokka_001.jpg ドスパラ パーツ館前にあった、XPサポート終了カウントダウン看板

 アキバのPCパーツショップでは、消費税増税前の駆け込み需要がピークを迎えている。「平日でも普段の週末以上の勢いで売れています」と疲れた顔で語るスタッフは1人や2人ではなかった。その影響はすべてのパーツに及ぶが、とくに今週末伸びているのがWindows 7の売れ行きだ。一部で週末中の在庫切れが心配されるほどの勢いで売れている。

 パソコンショップ・アークは「XPのサポート終了が4月9日なので、消費税増税前に乗り換えようという人の大きな波が7に押し寄せてきた感じです」と語る。エディション別にはHome PremiumとProfessionalの売れ行きが拮抗しており、32ビット版と64ビット版のどちらも差がないほどだという。「XPマシンのハードを使い続ける人は32ビット版、新規に一式組む人は64ビット版を選ぶようです。結果としてどちらもすごく出ています」(同店)。

 Windows 8.1もXP乗り換え需要で好調だが、「8.1が1個売れる間に、7が5〜6個売れるくらいのペースです」(東映ランド)というように、7ほどの伸びはない様子だ。

 週末の終わりごろや31日でも、街全体でWindows 7が在庫切れになることはなさそうだが、目当てのショップで目当てのタイプのOSを買いたいなら、動向をチェックしておいたほうがいいだろう。

og_akibatokka_002.jpgog_akibatokka_003.jpg ソフマップ秋葉原リユース総合館のOSコーナー。金曜日時点で在庫切れは起こしていなかった(写真=左)。パソコンショップ・アークのOS価格表。32ビット版Windows 7の在庫がかなり薄くなっていた(写真=右)

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.