レビュー
» 2014年05月13日 19時30分 UPDATE

新旧機種をベンチで比較:MacBook Airは「Haswell Refresh」で速くなったのか (1/2)

インテルの最新CPUを搭載した新型MacBook Airが価格を下げつつ高速化。しかし実際のところはどうだろうか。新旧モデルを比較してみた。SSDェ……

[後藤治,ITmedia]

Haswell Refreshを採用した最新ノート型Mac「MacBook Air」

og_newmacbookair_001.jpg 11インチMacBook Air

 アップルが新たに投入した「MacBook Air」は、Haswell Refreshと呼ばれる新CPUを採用しつつ、11インチの下位モデルで税別8万8000円からと、従来よりも価格を下げているのがトピックだ。

 もっとも、かねてよりウワサになっていた液晶ディスプレイのRetina化は見送られ、大きな変更点はCPUのみ。それも100MHz程度のクロックアップに過ぎず、基本的なアーキテクチャや、アルミユニボディを引き継ぐマイナーチェンジともいえる。このため、そもそもHaswell Refreshで本当に速くなったのかを気にしている人も多いだろう。測定器を使った液晶の品質やボディの発熱などについては改めて触れることにし、ベンチマークソフトを使って新旧MacBook Airの性能を見ていく。

 今回試したのは、8万8000円(税別)という手ごろな価格で購入できる11インチMacBook Airの下位モデル「MD711J/B」だ。基本スペックは、CPUにCore i5-4260U(1.4GHz/最大2.7GHz)、メモリ容量は4Gバイト(1600MHz LPDDR)、ストレージが128GバイトSSDという構成になる。

 比較対象としたのは、2013年6月に発売された11インチMacBook Airの下位モデル(MD711J/A)で、CPUがCore i5-4250U(1.3GHz/最大2.6GHz)であること以外は、カタログスペック上の違いはほぼない。ただし、OSは新型MacBook Airが最新のOS X Mavericks、旧型がMountain Lionになっている。また、搭載パーツの供給ベンダーが個体によって異なるため、すべてのケースに当てはまるわけではない点にも注意してほしい。以下、スペックを簡単にまとめた。

型番 新型11インチMacBook Air(MD711J/B) 旧型11インチMacBook Air(MD711J/A)
CPU Core i5-4260U(1.4GHz/最大2.7GHz) Core i5-4250U(1.3GHz/最大2.6GHz)
メモリ 4GB LPDDR3 1600MHz(1.2V) 4GB LPDDR3 1600MHz(1.2V)
ストレージ 128GB SSD(PCIe x2/TS0128F) 128GB SSD(PCIe x2/SD0128F)
グラフィックス Intel HD Graphics 5000 Intel HD Graphics 5000
ディスプレイ 11.6型ワイド(1366×768ピクセル) 11.6型ワイド(1366×768ピクセル)
登場時の価格(税別) 8万8800円(2014年4月) 9万8800円(2013年6月)

og_newmacbookair_002.jpgog_newmacbookair_003.jpg CPU-Zの画面。左が新モデル、右が旧モデル。2コア/4スレッド動作に対応し、Turbo Boost時にクロックが上がる仕様は共通で、動作クロックはCore i5-4260Uのほうが100MHz高い

 さて、CINEBENCH R11.5のCPUスコアを見ると、CPU(pt)は新型の2.56に対して、2.46とわずかに伸びている。CPU性能の向上を体感できるほどの差ではないが、動作クロックが100MHzほど高速化されているので順当な結果と言えるだろうか。一方、OpenGLのスコアは、GT3ことIntel HD Graphics 5000をCPUに統合する点は新旧同じだが、新モデルのほうがやや高いスコアをマークした。なお、CINEBENCH R15のCPUスコア(cb)は239ポイントとなった。

og_newmacbookair_004.jpg CINEBENCH R11.5の結果

 一方、ストレージ性能を調べるために実施したDisk Speed Testは、やや残念な結果になった。あくまでも今回試した個体では、と但し書きはつくが、リード速度が676Mバイト/秒と、700Mバイト/秒を超えていた旧モデルに比べて速度が落ちている。また、ライト速度は旧型の320Mバイト/秒に対して、新型は333.1Mバイト/秒と若干伸びてはいるものの、旧13インチモデルの452.9Mバイト/秒に比べるとやはり遅い。システム情報で確認できたSSDの型番は、それぞれ新型11インチが「TS0128F」、旧11インチが「SD0128F」、旧13インチが「SM0128F」の3種類。つまり今回の結果は供給ベンダーによる性能差と考えられ、あくまで今回評価した個体としての結果であることを改めて補足しておく。

og_newmacbookair_005.jpgog_newmacbookair_006.jpg Disk Speed Testの結果。左が新モデル、右が旧モデル。リード速度が大きく落ちている。なお、SSDは従来同様マルチベンダー調達と思われ、あくまで今回の個体としての結果である

og_newmacbookair_007.jpgog_newmacbookair_008.jpg 左が新モデルのSSD(TS0128F)、右が旧モデルのSSD(SD0128F)。PCI Express x2で接続されている。

関連キーワード

MacBook Air | Haswell | Apple | 比較 | 値下げ | Boot Camp


       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-