ニュース
» 2014年05月14日 13時00分 UPDATE

2014年PC夏モデル:今度はHaswell Refreshをいち早く──「NEC VALUESTAR L」

2013年秋冬モデル以来の新モデル投入となったセパレートデスクトップPCは、インテル最新のCPUを載せて戻ってきた。

[ITmedia]

もちろん、OSはWindnows 8.1 Updateだ

 NECパーソナルコンピュータは、5月14日にセパレートデスクトップ「VALUESTAR L」の新モデルを発表した。ラインアップは上位構成の「VL750/SS」と下位構成の「VL1150/SS」の2機種だ。出荷開始はともに6月下旬の予定で、税別の実売予想価格は、VL750/SSが22万4800円前後、VL150/SSが11万9800円前後となる。

kn_vsl14sum_01.jpgkn_vsl14sum_02.jpg 上位構成の「VL750/SS」(写真=左)と下位構成の「VL1150/SS」(写真=右)

 VL750/SSが搭載するCPUは、インテルの“Haswell Refresh”(開発コード名)と呼ぶ最新世代の「Core i7-4790」(3.6GHz/最大4GHz、4コア8スレッド、3次キャッシュ8Mバイト)を採用する(チップセットはIntel B85 Express)。VL150/SSのCPUも「Core i3-4150」(3.5GHz、2コア4スレッド、3次キャッシュ3Mバイト)に強化した。

 OSはどちらもWindows 8.1 Updateを導入し、オフィススイートもVL750/SSでMicrosoft Office Home and Business 2013 Service Pack 1を、VL150/SSでもMicrosoft Office Personal 2013 Service Pack 1にそれぞれ変更した。

 そのほかの仕様は、直前モデルだった2013年秋冬モデルの「VL750/NS」「VL150/NS」と共通する。VL750/SSでは、8Gバイトメモリ+3TバイトHDDに、フルHD表示対応の23型ワイドIPS液晶ディスプレイが付属、VL150/SSでは、4Gバイトメモリ+1TバイトHDDの仕様に19型ワイド液晶ディスプレイが付属する。

 どちらのモデルも、インタフェースはSDメモリーカードスロット(SDXC対応)、USB 3.0×4、USB 2.0×4、音声入出力など。ほか、ロープロファイル対応のPCI Express x16スロット×1、PCI Express x1スロット×2、PCIスロット×1が空きスロットとして確保され、グラフィックスカードの追加やインタフェースの追加など機能拡張が行える。

VALUESTARシリーズ店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD/SSD OS 実売価格
VALUESTAR L VL750/SS セパレート 新OS、最新世代CPU採用 Core i7-4790 (3.6GHz/最大4GHz) 8GB (DDR3) 3TB HDD 64ビット版 Windows 8.1 Update 22万4800円前後
VL150/SS セパレート 新OS、基本性能強化 Core i3-4150(3.5GHz) 4GB (DDR3) 1TB HDD 64ビット版 Windows 8.1 11万9800円前後
VALUESTARシリーズ店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV/オフィス 通信機能
VALUESTAR L VL750/SS 23型ワイド(IPS) 1920×1080 Intel B85 BDXL対応Blu-ray Disc CPU統合 (HD 4600) ─ / Office Home and Business 2013(SP1) ギガビット有線LAN
VL150/SS 19型ワイド (ノングレア) 1440×900 Intel B85 DVDスーパーマルチ CPU統合 (HD 4400) ─ / Office Personal 2013(SP1) ギガビット有線LAN

NEC Direct(NECダイレクト)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.