ニュース
» 2014年07月02日 13時59分 UPDATE

ようやく日本でも使えます:日本マイクロソフト、コンシューマー向け「Office 365」提供を2014年内に開始

具体的な時期と内容は明らかでないが、日本のコンシューマーに提供するOffice 365は「日本市場に最適化」するという。

[ITmedia]

コンシューマー向けOffice 365はこれまでの形を踏まえて導入する

 日本マイクロソフトは、7月2日に2015年度の経営方針記者会見を行った。このなかで、日本マイクロソフト代表取締役社長の樋口泰行氏は、Office 365の日本コンシューマー市場における取り扱いに言及し、2014年のうちに提供を開始することを明らかにした。

 樋口氏は、コンシューマー向けクラウド事業の展開においてOffice 365のコンシューマー提供を「日本市場に最適化して」行うとしている。記者会見では、提供開始の具体的な時期や日本市場に最適化する具体的な内容を明らかにしていない。

 ただ、記者会見で日本ではPCにプリインストールする形態でMicrosoft Officeを購入しているケースが多く、それを踏まえた形や、従来のパートナー企業と築いてきたエコシステムを活用する形で日本市場に導入していきたいという考えを示している。

 なお、記者会見の内容については、後刻、追記にて紹介する予定だ。

kn_msevent_01.jpg 2015年度の経営方針記者会見で、日本マイクロソフトはようやく日本でもコンシューマー向けにOffice 365を提供することを明らかにした

関連キーワード

Office | Microsoft | Office 365 | 日本市場


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.