ニュース
» 2014年07月23日 14時50分 UPDATE

ベンキュー、高輝度表示対応のWXGA対応DLPプロジェクター「MW769」など2モデル

ベンキュージャパンは、会議室やホールなどでの投写に向く高輝度表示対応DLPプロジェクター「MX768」「MW769」を発表した。

[ITmedia]

 ベンキュージャパンは7月23日、会議室やホールなどでの投写に向く高輝度表示対応DLPプロジェクター「MX768」「MW769」を発表。7月28日に販売を開始する。価格はオープン、予想実売価格はMX768が11万5000円、MW769が12万5000円(税別)。

photophoto MX768(左)、MW769(右)

 MX768およびMW769は、それぞれ1024×768ピクセル(XGA)/1280×800ピクセル(WXGA)表示に対応したDLPプロジェクターで、4000ルーメン/4200ルーメンの高輝度表示に対応。学校の黒板など湾曲した場所に投写を行なえる「サーフェスフィット」「コーナーフィット」機能などを搭載し設置性を高めているのが特徴だ。

 映像入力はHDMI×2、アナログD-Sub×2、Sビデオ/コンポジットビデオ入力などを備えたほか、有線LAN経由でPCの画面を表示できるLANディスプレイ機能も搭載。最大で4画面の同時投写を行なうことができる。

 出力20ワットのモノラルスピーカーを内蔵、本体サイズは329(幅)×256.2(奥行き)×137.2(高さ)ミリ、重量は約3.9キロだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.