レビュー
» 2014年08月01日 08時01分 UPDATE

GeForce GTX 860Mでゲームもサクサク:とりあえずコレを買っておけ――速い!安い!でかい! 17.3型高性能ノートPC「MB-W800S-SH」 (1/2)

デスクトップPCに代わる新しいマシンを探しているなら、マウスコンピューターの「m-Book W」シリーズに注目。ゲーミングノート並みの性能をリーズナブルな価格で!!

[後藤治(撮影:矢野渉),ITmedia]
ココが「○」
・17.3型フルHDの大画面ディスプレイ
・GeForce GTX 860Mを搭載
・SSD+HDD構成で快適動作
ココが「×」
・分厚く重い本体
・全力稼働時はややファンがうるさい

コスパを重視しつつもゲーミングノートに肩を並べる性能を実現

og_luvbookw_001.jpg 「MB-W800S-SH」。期間限定で12万4800円(税別/7月29日時点)

 1920×1080ピクセル表示に対応した17.3型ワイド液晶を搭載するボディに、クアッドコアのCore i7-4710MQ(2.5GHz/最大3.5GHz)と大容量の16Gバイトメモリ、そして128GバイトSSD+500GバイトHDDのストレージを備え、さらに外部GPUとしてGeForce GTX 860M(2Gバイト)まで内蔵するノートPC――こう聞けば大半の方は「ああ、ゲーミングノートね」と思うかもしれない。今回紹介するマウスコンピューターの「m-Book W MB-W800S-SH」は、ゲーミングノートPCで定番のシステム構成を採用しつつも、コストパフォーマンスを重視したモデルだ。つまり、正確にはゲーミングモデルではない。

 同社のPCラインアップには、ゲーミングブランドとして「G-Tune」が用意されており、そのデザイン性や高い性能で、マウスコンピューターブランドの製品とは明確に区別されている。一方、ここで取りあげるm-Book Wシリーズは、もともと10万9800円(税別)から購入できる“スタンダード”な大画面ノートPCである。冒頭のMB-W800S-SHも、ゲーミングノートとして遜色のない構成ながら、12万4800円(税別)とリーズナブルな価格が魅力だ。

og_luvbookw_002.jpg グレーを基調としたシックなデザイン。天板にはかすかにヘアライン風の加工入っている

 それでは早速本機を見ていこう。MB-W800S-SHの外観はグレーを基調としたシンプルなデザインでまとまっている。天板にヘアライン風の加工は見えるが、もともと樹脂製なので金属ボディ特有の高級感はない。また、G-Tuneブランドの17.3型モデルと異なり、キーボードバックライトなどは省かれている。落ち着いたデザインは悪くないが、やや特徴に欠けるというのが正直な印象だ。

 もっとも、機能面は充実している。1920×1080ピクセル表示の17.3型ワイド液晶ディスプレイは、メインで使うPCとしても広いデスクトップ領域を利用でき、非光沢パネルで外光の映り込みも抑えられているため、生産性アプリケーションで長時間作業するのに向いているし、画面の輝度も十分に高い。巨大なボディの幅を生かして10キー付きキーボードを搭載しているのもポイントだ。キーピッチは19ミリ/キーストロークが2ミリと余裕があり、変則的な配列もなく快適にタイピングできる。

 一方、ボディサイズの割にタッチパッドの入力域は92(幅)×45(奥行き)ミリと、昨今のノートPCに比べればやや狭め。ただ、手前に左右クリックボタンを備えた標準的な2ボタン式タッチパッドは、個人的にはボタンが一体化されたタッチパッドよりも使いやすい。

og_luvbookw_003.jpgog_luvbookw_004.jpg フルHD(1920×1080ピクセル)の17.3型ワイド液晶ディスプレイを搭載。ノングレア仕様で映り込みが少ない(写真=左)。広さに余裕のある10キー付きキーボード。キーピッチは19ミリ、ストロークは2ミリで、快適にタイピングできる(写真=右)

 インタフェースは、左側面にヘッドフォン、マイク、光デジタル音声出力、USB 2.0が並び、右側面にマルチメディアカードスロット(SDXC対応)、USB 3.0×3、HDMI出力、ギガビットLAN、背面側にアナログRGB出力を搭載する。USB 3.0のうち1基はeSATA共有ポートだ。

 2系統の映像出力や3基のUSB 3.0など端子類は非常に充実しており、外付けストレージを常時接続する、いわゆる“デスクノート”としても不足に感じることはないだろう。このほか、液晶ディスプレイ上部に200万画素Webカメラを内蔵し、ワイヤレス機能としてIEEE802.11b/g/n準拠の無線LANとBluetooth V4.0+LEも備える。

 なお、標準バッテリーで約4.8時間のバッテリー駆動が可能(公称値)とされているが、本体サイズは413(幅)×277.5(奥行き)×17.5〜44(高さ)ミリ、重量は約3.1キロと、非常に分厚く重いため、移動しながらの利用は想定しづらい。また、ACアダプタのサイズだけでも72(幅)×145(奥行き)×26(高さ)ミリあり、こちらも持ち運びには向いていない。バッテリー駆動は簡易的なUPSと考えておいたほうがよさそうだ。

og_luvbookw_005.jpgog_luvbookw_006.jpg 主要なコンポーネントには底面カバーを外すだけでアクセスできる。ストレージがmSATA接続のSSDと2.5インチHDDのダブルドライブ構成になっているのがポイント(写真=左)。ACアダプタのサイズは72(幅)×145(奥行き)×26(高さ)ミリ(写真=右)

og_luvbookw_007.jpgog_luvbookw_008.jpg 本体前面/背面

og_luvbookw_009.jpgog_luvbookw_010.jpg 本体左側面/右側面
マウスコンピューター/G-Tune

top_features1_icon_2_1403351863.jpg

→PC USER特設ページ「mouse computer station」
未知の超高速へ! まさに“ぼくのかんがえた、さいきょうのノートPC”――4コアCore i7、GPU×2、1TバイトSSD×4搭載でお値段65万円だッ!!


マウスコンピューター/G-Tune
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.