レビュー
» 2014年08月27日 15時00分 UPDATE

動画で360度チェック:もうキーボードはいらないかも!? エレコムのレーザーキーボード「TK-PBL042BK」で机をタップした

ある日、片付けをしていたところ机の片隅からレーザーキーボードが出てきた。「近未来」をウリにしたキーボードを改めて試してみよう。

[田中宏昌,ITmedia]

 今回発掘されたのは、エレコムのBluetooth 2.0対応のレーザー投影式キーボード「TK-PBL042BK」だ。机上などの平面にキーボードのイメージを照射し、そこに指で触れて文字入力を行う。具体的には、本体下部から出た赤外線が指に当たって反射、それを中央にあるセンサーで読み取る仕組みだ。

 iPhoneやiPad、Androidといったデバイスでも使え、マウスモードも用意されている。リチウムイオンバッテリーを内蔵しており、付属のUSBケーブルで充電する。バッテリー動作時間は連続使用で約2時間、充電時間は約4時間だ。今では類似製品も複数出ているので、気になる人はそれらの購入を検討してみるといいだろう。

 詳細は下記の動画で確認してほしい。

ht_ek01.jpg キーボードを照射したところ。66キーが用意されている
ht_ek02.jpg キー入力している様子。入力音は6段階に調節できる

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう