ニュース
» 2014年09月05日 22時22分 UPDATE

Acer、ディスプレイが回転するコンバーチブルノート「Aspire R 13」「Aspire R 14」

Acerが液晶ディスプレイの回転機構を持つノートPCを発表。さまざまなスタイルで利用できる。

[ITmedia]

 Acerは、コンバーチブル型ノートPCの新モデルとして「Aspire R 13」と「Aspire R 14」を発表、10月より順次発売する。価格はAspire R 13が899米ドルから、Aspire R 14が599米ドルから。

 Aspire R 13は、同社が「Ezel Aero Hinge」と呼ぶ、ディスプレイの回転機構を搭載しているのが最大の特徴。液晶ディスプレイの左右中央を中心に180度回転し、タブレットスタイルとノートPCスタイルをスムーズに切り替えられる。用途にあわせてノートPC/イーゼル/スタンド/パッド/テント/ディスプレイの計6つのモードで利用できる。

 13.3型液晶ディスプレイの解像度は、2560×1440ピクセルまたは1920×1080ピクセルの2種類で、耐久性の高いゴリラガラス3を採用。また、タッチ入力に対応するほか、筆圧検知やパームリジェクション機能を利用できる「Acer Active Pen」による入力もサポートしている。

 主なスペックは、Core i5/Core i7、最大8Gバイトメモリ、最大1TバイトSSD(RAID 0)、バッテリー駆動時間は最大約8時間となっている。本体の厚さは25.4ミリ、重量は約1.5キロ。

og_asipirer_001.jpgog_asipirer_002.jpg 「Aspire R 13」。同社が「Ezel Aero Hinge」と呼ぶ回転機構により6つのスタイルを切り替えて利用できる

 一方、Aspire R 14は、液晶ディスプレイのヒンジが360度回転する機構を備え、ノートPC/ディスプレイ/テント/タブレットの4つのモードに変形する14型(1366×768ピクセル)ノートPC。主なスペックは、Core i3/Core i5/Core i7、最大12Gバイトメモリ、500Gバイト/1TバイトHDDと、幅広い選択肢を選べるほか、GeFroce 820M搭載モデルも用意されている。

og_asipirer_004.jpg 「Aspire R 14」は液晶下部両端のヒンジを中心に360度回転する仕組み。こちらは4種類の使い方が想定されている

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.