ニュース
» 2014年10月02日 12時48分 UPDATE

東芝、15nmプロセス採用の“世界最小級”組み込み式NANDフラッシュメモリを開発

東芝は、最新の15ナノメートルプロセスを採用したeMMC準拠のNANDフラッシュメモリを発表した。

[ITmedia]
photo

 東芝は10月2日、スマートフォンやタブレット/ウエアラブル端末向け製品となる、最新の15ナノメートルプロセス採用のeMMC準拠NANDフラッシュメモリを製品化したと発表した。

 NANDフラッシュメモリチップとコントローラを一体化した組み込み式のフラッシュメモリで、従来製品比でパッケージサイズ面積を約26%小型化した。またメモリチップの性能向上やコントローラ処理の最適化などにより転送速度も向上している。

 本日より16Gバイトモデルのサンプル出荷を開始。さらに8Gバイト/32Gバイト/64Gバイト/128Gバイト製品についても順次サンプル出荷を行っていく、としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.