ニュース
» 2014年10月15日 10時39分 UPDATE

イーフロンティア、3Dプリント機能を強化した統合3DCG作成ソフト「Shade 3D ver.15」

イーフロンティアは、同社製の3DCG作成ソフト「Shade 3D」シリーズの最新版を発表。3Dプリント用のモデル作成機能が大幅に強化された。

[ITmedia]

 イーフロンティアはこのほど、同社製の3DCG作成ソフト「Shade 3D」シリーズの最新版「Shade 3D ver.15」を発表、11月28日に販売を開始する。価格は下位のBasic版が9800円、中位のStandard版が4万円、上位のProfessional版が8万円だ(いずれも税別)。

photo

 今回のバージョンでは、3Dプリントに適したモデルを作成できる「3Dプリントアシスタント」機能が大幅に強化されているのが特徴。3Dプリンタが処理できない部分の検出/修正をよりスムーズに行なえる“ラッピング”機能や、外観をなるべく保持したままポリゴン数を減らせる「ポリゴンリダクション」機能なども備えている。

 またユーザインタフェースも改善され、4Kディスプレイにも対応。Basic/Standard版はレンダリング可能サイズも拡張されており、Basic版は2500×2500ピクセル、Standard版は4500×4500ピクセルのレンダリングが可能となった。

 対応OSはWindows 7/8/8.1、Mac OS X 10.8〜10.10。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.