ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ポリゴン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ポリゴン」に関する情報が集まったページです。

サダタローの「ニュースゆる知り!」:
空に浮かぶ巨大原稿 “VR展覧会”でみた可能性と課題 マンガで解説
PCのデスクトップからでも、PC版VRからでも体験できるというVR展覧会「VRデビルマン展」を漫画家サダタローが体験。VR展覧会はリアル展覧会と何がどう変わるのか。(2021/8/30)

Perfume、NFTアート第2弾をオークション出品 第1弾は約300万円で落札
音楽ユニット「Perfume」が、メンバーの振り付けを3Dデータ化したNFTアートの第2弾をNFTアート専用のオークションサイトに出品する。開始価格は100MATIC(約1万6200円)。(2021/8/16)

暗号資産、一時660億円流出も4割返還 攻撃者は送金権限を改ざんか
Poly Networkから約6億ドル(日本円で約660億円)の暗号資産が流出した問題で、約4割が返還された。ブロックチェーン推進協会の専門家は、原因について「プラットフォームに脆弱性があり、攻撃者が送金権限を改ざんした」とみているという。(2021/8/12)

約660億円の暗号資産が流出か、「分散型金融」ブロックチェーンにハッキング
異なるブロックチェーン同士を接続して暗号資産を取引するプラットフォーム「Poly Network」がハッキングを受け、約660億円以上の暗号資産が外部に送金された可能性がある。(2021/8/11)

ポケモンGOに“緑のディアルガ”初登場、23日から 「ズガイドス」「アンノーンU」など色違い続々
23日からポケモンGOの伝説レイドに「ディアルガ」が色違いを実装して帰ってきます。(2021/7/22)

「Microsoft Ignite Recap Community Day」をダイジェストで紹介:
PR:Microsoftの“今と未来”が分かる「Microsoft Ignite 2021」の見どころをギュッと凝縮!――日本のコミュニティリーダー厳選の発表内容総まとめ
Microsoftが自社の最新テクノロジーとその展望を披露する年次カンファレンス「Microsoft Ignite」。そのMicrosoft Igniteを聴講した日本の技術コミュニティのリーダーが“特に気になった発表内容”を厳選して紹介する日本独自の振り返りイベント「Microsoft Ignite Recap Community Day」をダイジェストでお届けする。(2021/4/22)

グラフィックスが“初代プレステ”レベルと話題のJTB製バーチャル空間 サービスの意図を聞く
JTBが4月7日に発表したバーチャル空間事業「バーチャル・ジャパン・プラットフォーム」の動画が波紋を呼んでいる。グラフィックスの品質が低いとして、YouTubeのコメント欄やTwitterでは批判が殺到。JTBにサービスの意図を取材した。(2021/4/12)

3Dスキャナーニュース:
3次元計測データを用いた検査業務を支援、ポリゴン編集ソフトの最新版登場
日本ユニシス・エクセリューションズは、ポリゴン編集ソフトウェアの最新バージョン「POLYGONALmeister Ver6.0.0」の提供開始を発表した。3次元計測データの検査機能を強化した「POLYGONALmeister Inspection」がパッケージに加わった他、ポリゴンデータの修正/編集機能を強化した。(2021/4/12)

デジファブ技術を設計業務でどう生かす?(11):
3Dスキャナーと3D設計による効果的な検査アプローチ、そして製造業DXの実現へ
3Dプリンタや3Dスキャナー、3D CADやCGツールなど、より手軽に安価に利用できるようになってきたデジタルファブリケーション技術に着目し、本格的な設計業務の中で、これらをどのように活用すべきかを提示する連載。第11回は、3D CADで設計した3Dデータと現物の3Dスキャンデータを基に“形状比較”を行う「検査」について取り上げ、その重要性とアプローチ、検査ソフトウェアの選定基準などを解説する。(2021/4/12)

JTBの新バーチャルサービスが初代PSレベルで視聴者騒然 「ファイナルソードの続編?」「核戦争後の東京」
ノスタルジーがすごい。(2021/4/9)

VRニュース:
1億ポリゴン超の3Dモデルの表示が可能なAR/MR可視化ソリューションを開発
ホロラボは、AR、MR可視化ソリューション「mixpace」に「Azure Remote Rendering」サービスを組み込んだ「mixpace Remote Rendering」を開発した。1億ポリゴンを超える重量級3DデータをMRデバイスで体験できるようになる。(2021/3/18)

デジファブ技術を設計業務でどう生かす?(10):
そのままでは使えない!? 3Dスキャン後に必要となるデータ処理
3Dプリンタや3Dスキャナー、3D CADやCGツールなど、より手軽に安価に利用できるようになってきたデジタルファブリケーション技術に着目し、本格的な設計業務の中で、これらをどのように活用すべきかを提示する連載。第10回は、3Dスキャン後に必要となる基本的なデータ処理作業について詳しく解説する。(2021/3/16)

教えて!先輩VTuber:
まるで初代プレステみたいな“ローポリゴン” VTuber「蟹」が作る映像作品「空想料理店」が90年代レトロゲー好きの心をくすぐる
古くて新しい。(2021/2/17)

マシーナリーともコラム:
タニタのバーチャロンの大会に出たら「もしかしたらマジで、今からでもバーチャロンってeスポーツとして定番化も夢ではないのでは?」と思った話
今からでもいいからバーチャロン流行ってくれ……。(2021/1/29)

無償3D CAD「FreeCAD」を使ってみよう(8):
FreeCADでサーフェスモデリングに挑戦! 自由曲面を入れた形状を作ろう
オープンソースの3D CAD「FreeCAD」をご存じだろうか。無償でありながら、3Dモデリング、メッシュデザイン、製図(ドラフト)、有限要素法解析(FEM)、レイトレーシング、ロボティクス機能など、標準機能がとにかく充実している。本連載では「FreeCAD 0.18」を用いて各機能の実際の操作や使用感を紹介していく。連載第8回では、サーフェスモデリング用ワークベンチ「Surface」を使用して、自由曲面を取り入れたモデリングに挑戦する。(2020/12/18)

【好きなゲームが世間のクソゲーな人インタビュー】“夢の世界”を9年間歩き続けるプレイヤーに聞くゲーム「LSD」の魅力
「説明書では“使わないボタン”で発生するイベントがある」など今なお発見があるとか。(2020/12/28)

ポケモンGOの総決算、“まとめコミュディ”12日から 23種のポケモンに限定わざ
ポケモンGOで12月12日と13日の2日間、2019年と2020年の「コミュニティ・デイ」に登場したポケモンが一堂に会する“まとめコミュデイ”が開催されます。(2020/12/11)

【好きなゲームが世間のクソゲーな人インタビュー】PS2でヒロイン3D化&システム一新「ときめきメモリアル3」
ヒロインのグラフィックがアリ/ナシで、評価が分かれそう。(2020/12/29)

ポケモンGOで「ヒトカゲ」大量発生再び ほしのすな3倍、リサーチで「メガエナジー」も
ポケモンGOで10月17日の午前11時から午後5時まで「ヒトカゲ」の「コミュニティ・デイ」が開催されます。9月の「ポリゴン」に続き、ユーザー投票で選ばれたポケモンが野生で大量発生するイベント。(2020/10/16)

ポケモン公式Twitterが「ポリゴンは悪くない」とツイート → 「ついに許された」「歴史的瞬間」「あれはピカチュウのせい」とファン歓喜
ポリゴンは悪くない(つまりピカチュウが悪い)。(2020/9/20)

ポケモンGOで「ポリゴン」大量発生 手元に進化アイテムがなくても大丈夫
ポケモンGOで9月20日の午前11時から「ポリゴン」の「コミュニティ・デイ」イベント。第1世代のレアポケモンが大量発生。色違いは初登場。(2020/9/19)

むしタイプと“バグ”が大量発生中? ポケモンGOのメガバトルイベント クレセリア復刻も
ポケモンGOで「メガシンカ」とバトルをテーマにした「メガセプテンバー」イベント第2週が始まりました。主役は「メガスピアー」。でも、プレイヤーを悩ませているのは別の“バグ”でした。(2020/9/11)

デジファブ技術を設計業務でどう生かす?(4):
絶対に押さえておきたい、3Dプリンタ活用に欠かせない3Dデータ作成のポイント
3Dプリンタや3Dスキャナ、3D CADやCGツールなど、より手軽に安価に利用できるようになってきたデジタルファブリケーション技術に着目し、本格的な設計業務の中で、これらをどのように活用すべきかを提示する連載。第4回は、3Dプリンタを活用する上で欠かせない「3Dデータ」に着目し、3Dデータ作成の注意点や知っておきたい基礎知識について解説する。(2020/9/3)

ゲームキャラの演技、表情はiPhoneで Epic GamesがUnreal Engine向けアプリ「Live Link Face」公開
iPhoneのTrueDepthカメラを活用し、表情をキャプチャーする。(2020/7/10)

3Dスキャナーニュース:
新型iPad ProのLiDARを活用した3Dスキャンアプリ、課金なしでもフル機能
プロノハーツは、Appleが2020年3月に発売した新型「iPad Pro」のLiDARスキャナを活用し、対象物のメッシュ情報を取得してファイル出力できる3Dスキャンアプリ「pronoMeshScan」を、App Storeにて提供開始した。(2020/6/29)

AR/VR:
BIMモデルを3分でAR変換、「mixpace」のHoloLens 2対応版がアップデート
SB C&Sとホロラボは、3DCADやBIMで作成した設計データを自動でAR/MRデータに変換する建設業向けソリューション「mixpace」のHoloLens 2/iPad版に、指定した場所へ3Dモデルを表示する新機能が搭載された。今後は、5G時代の到来も見据え、BIMモデルの高速変換やAR空間での自由自在な操作性などを強みに、建設業界で導入を提案していく。(2020/6/26)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
Macが独自プロセッサ「Apple Silicon」に移行し、Intelと決別する理由
ウワサは本当だった。AppleがWWDC 2020の基調講演で自社開発プロセッサの「Apple Silicon」をMacに採用し、2年をかけてIntel x86アーキテクチャから移行すると発表したのだ。その狙いはどこにあるのだろうか。(2020/6/23)

幻のニンテンドウ64版「MOTHER3」で行われた「幻の読者出演企画」の足跡をたどったらモヒカンのザンギエフに行き着いた
MOTHER3の話をするはずだったのが……。(2020/6/12)

Epic Games、次世代ゲームエンジン「Unreal Engine 5」発表 PS5で動くリアルタイムデモを公開
米Epic Gamesが新しいゲームエンジン「Unreal Engine 5」を正式発表。PS5上で動作させたリアルタイムデモ映像を公開した。(2020/5/14)

福田昭のデバイス通信(238) 2019年度版実装技術ロードマップ(48):
自動車用センサーの技術動向(後編)
自動車用センサーの後編では、超音波センサー、LiDAR、内装(インテリア)用センサーを取り上げ、それぞれの仕組みと用途を紹介する。(2020/4/8)

メカ設計用語辞典:
3Dプリンタ
メカ設計者のための用語辞典。今回は「3Dプリンタ」について解説する。(2020/2/18)

GIS:
パスコが衛星データを基にAIで農地の場所を推定する技術を開発
パスコはインドネシアで地球観測衛星データの活用を進めている。(2020/2/12)

ひらがなだけの「えきのなまえマップ」、マピオンテックラボで公開 幼児教育を視野に新入社員が提案
ONE COMPATHが駅名を中心に表記がひらがなになった地図「えきのなまえマップ」を公開した。ベクトル地図を活用したサービス開発の一環。幼児教育を視野に新入社員が研修中に提案したアイデアを実現した。(2020/1/31)

メカ設計用語辞典:
VR(仮想現実)
メカ設計者のための用語辞典。今回は「VR(仮想現実)」について解説する。(2019/12/25)

ものづくり白書2019を読み解く(3):
第4次産業革命で取るべき戦略、スキル人材の活用と技能のデジタル化
日本のモノづくりの現状を示す「2019年版ものづくり白書」が2019年6月に公開された。本連載では3回にわたって「2019年版ものづくり白書」の内容を掘り下げる。第3回となる今回は、第4次産業革命において製造業が取るべき戦略の内「スキル人材の活用」と「技能のデジタル化、省力化」について取り上げる。(2019/12/20)

ポケモンGOで“胃袋カイリュー”など復活 「新規勢にも過去の強力なわざを」 対人戦の新仕様も
米Nianticは「ポケモンGO」で2020年の初頭に実装する新しい対人戦「GOバトルリーグ」について、仕様の一部を公表した。併せてポケモンが覚えるわざの追加や変更も行っている。(2019/12/12)

ポケモンGO「進化ウィーク」開催中、特別な進化をするポケモンをおさらい
スマートフォンゲーム「Pokemon GO」(ポケモンGO)で、特別な進化をするポケモンをテーマにした初のイベント「進化ウィーク」を12月12日(木)まで開催している。レアな進化アイテムが手に入りやすくなっている今が、ポケモン進化のチャンスだ。(2019/12/10)

VRニュース:
製造業のAR活用がさらに手軽に、「mixpace」がHoloLensに加えてiPadにも対応
ホロラボとSB C&Sは、3D CADやBIMで作成した設計データを、AR/MR向けに自動変換する製造業、建設業向け可視化ソリューション「mixpace」のiPad対応版の提供開始を発表した。(2019/12/9)

マシリトが行く!【後編】:
『ドラゴンボール』を手掛けた『ジャンプ』伝説の編集長が明かす「ゲームプロデュースの神髄」
マンガをアニメやゲームなどへメディアミックスする際には何が大切なのか。鳥山明氏の国民的マンガ『ドラゴンボール』の担当編集者であり、『週刊少年ジャンプ』伝説の編集長「Dr.マシリト」こと現白泉社会長の鳥嶋和彦、バンダイナムコエンターテインメント取締役の内山大輔、バンダイナムコホールディングスIP戦略本部アドバイザーの鵜之澤伸、ゲーム情報サイト「電ファミニコゲーマー」の平信一編集長に聞いた。(2019/12/6)

「小学生がデザインしたのか」「いや待て、すごいぞこれ」 サイバーパンクな斬新デザイン、テスラの新型車「Cybertruck」みんなどう?
早速「コラ画像で遊ぶ」人もいろいろ、「こんなのが街にあふれるとか、革命的だ」などの声も。(2019/11/29)

瀬下寛之総監督×声優・島崎信長に聞くアニメ「Levius」 ポリゴン最新作で口をそろえる「過保護」というキーワード
セルルックCGの最前線を行くポリゴン。その先には、「限りなくカリカチュアされているのにもかかわらず十分な肉感がある」世界が見えているようです。(2019/11/30)

Tesla、電動ピックアップトラック「Cybertruck」発表 2021年発売予定
Teslaが電動ピックアップトラック「Cybertruck」を発表した。超硬度の冷間圧延ステンレス鋼製のポリゴンのようなスタイルで、荷室容量は約2800リットル。2021年発売予定で、価格は3万9900ドル(約430万円)から。(2019/11/25)

「けもフレ」福原Pのケモかわ新作アニメ「モクリ」インタビュー “ファン参加型会議”“二次創作自由”みんなで創る新たなエンタメとは?
オンライン制作会議の参加者を募集中。(2019/11/7)

製造ITニュース:
ISID、NX対応の金型向けCAMソフトウェアを発売
電通国際情報サービスは、C&Gシステムズの金型向けCAMソフトウェア「CAM-TOOL for NX」の販売代理店契約を締結した。2020年1月より、同製品の国内販売とサポートを開始する。(2019/10/30)

レノ、ルードらタークスメンバーが初お目見え! 「FF7リメイク」最新トレーラー公開
「蜜蜂の館」のくだりが楽しみ。(2019/9/12)

「Oculus Quest」でVR体験が“爆上げ” 約5万円で最高級を楽しめる新時代に突入 その魅力に迫った
5月21日に発売した新製品「Oculus Quest」の注目ポイントを解説します。(2019/5/30)

住所CSVをドラッグ&ドロップするだけで地図に表示 「地理院地図」新機能
国土地理院の「地理院地図」に、CSV形式の住所リストをドラッグ&ドロップするだけで、簡単に地図に表示できる機能などが追加。災害時、避難所の住所リストを地図化する――といったことが簡単に可能になる。(2019/3/28)

西田宗千佳の「世界を変えるVRビジネス」:
HoloLens 2から見るMicrosoftの「AR・VR戦略」
初代HoloLensの発表から3年。Microsoftは「HoloLens 2」でどのようなビジネスを考えているだろうか。同社の戦略を西田氏が解説する。(2019/3/19)

製造業AR活用:
PR:製造業のAR活用は新ステージへ、3Dデータ自動変換サービスが生み出す可能性
製造業では3D CADによって生まれた3Dデータが設計にしか生かされていないのが現状だ。AR(拡張現実)・MR(複合現実)デバイスを使ったデザインレビューなど新しい用途は提案されているものの、設計データをAR・MRデバイス向けに変換する作業が負担となっていた。この課題を解決する可視化ソリューション「mixpace(ミクスペース)」について、SB C&Sとホロラボに話を聞いた。(2019/3/19)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Microsoftの「HoloLens 2」でコンピュータの未来はどうなる?
2月24日(現地時間)、Microsoftはスペイン・バルセロナで開催されるMWC19 Barcelonaに先がけてプレスイベントを開催、第2世代のMRヘッドセット「HoloLens 2」を発表した。(2019/2/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。