ニュース
» 2014年10月30日 12時20分 UPDATE

デル、“ヤマダ電機オリジナル”設計の8型Windowsタブレット「EveryPad Pro」

デルは、ヤマダ電機との共同開発モデルとなる8型Windowsタブレット「EveryPad Pro」を発表した。

[ITmedia]
photo EveryPad Pro

 デルは10月30日、ヤマダ電機との共同開発モデルとなる8型Windowsタブレット「EveryPad Pro」を発表、11月1日よりヤマダ電機グループ各店/ヤマダウェブコムで販売を開始する。価格は5万4800円(税別)。

 10点マルチタッチ/1280×800ピクセル表示対応の8型ワイド液晶を備えたタブレットPCで、CPUとしてAtom Z3775Dを、OSとしてWindows 8.1 with Bingを搭載。またLTE通信対応のmicroSIMカードスロットを標準装備しているのも特徴だ。

 メモリは2Gバイト、ストレージはeMMC 64Gバイトを内蔵。ソフトウェアとしてOffice Home and Business 2013も標準で搭載している。内蔵バッテリーの駆動時間は最大約10時間。本体サイズは130(幅)×216(奥行き)×9(高さ)ミリ、重量は405グラムだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.