ニュース
» 2014年11月21日 13時07分 UPDATE

富士通、「ARROWS Tab QH55/S」専用クレードルの仕様を変更――映像出力をDisplayPortに

富士通は、同社製タブレット「ARROWS Tab QH55/S」用拡張クレードルの仕様変更を発表した。

[ITmedia]

 富士通は11月21日、同社製タブレット「ARROWS Tab QH55/S」用拡張クレードルの仕様変更を発表した。

 当初予定されていた製品(型番:FMV-NDS18)では映像出力としてHDMIを搭載していたが、これを削除し代替としてDisplayPort出力を装備しているのが特徴で、音声出力は非サポートとなる。また、この仕様更新に伴い製品型番は「FMV-NDS22」に変更されている(FMV-NDS18は販売中止となる)。

関連キーワード

富士通 | ARROWS Tab | クレードル | DisplayPort | HDMI


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.