ニュース
» 2014年12月05日 15時01分 UPDATE

エイサー、さらに薄型軽量化した8型Windowsタブレット「W1-810-F11N」――実売2万円前後

日本エイサーは、同社製8型Windowsタブレット“Iconia Tab 8 W”こと「W1-810-F11N」を発表した。32Gバイトストレージ搭載で、実売価格は2万円前後だ。

[ITmedia]
photo W1-810-F11N

 日本エイサーは12月5日、同社製8型Windowsタブレット“Iconia Tab 8 W”シリーズ「W1-810-F11N」を発表、2014年12月12日に販売を開始する。価格はオープン、実売価格は2万円前後。

 今回のモデルではさらなる薄型軽量化を実現しているのが特徴で、ベゼル幅を約7ミリに抑え片手でも操作しやすいスリム筐体を実現した。1280×800ピクセルの8型IPSパネルを搭載する。

 OSはWindows 8.1 with Bing 32ビット版を導入。プロセッサはAtom Z3735G(最大1.83GHz)、メモリは1Gバイト、ストレージは32GバイトeMMCを備える。ほかmicroSDカードリーダー、IEEE802.11b/g/n無線LAN、Bleutooth 4.0、HD対応のメイン/インカメラ、Micro USB 2.0、音声入出力、デュアルステレオスピーカーも装備した。

 内蔵バッテリーの駆動時間は約8時間だ。本体サイズは約128(幅)×214(奥行き)×約9.75(高さ)ミリ、重量は約370グラム。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.