ニュース
» 2014年12月17日 11時00分 UPDATE

今度のStreamは鮮やかブルー:なんと2万5800円! 11.6型1.26キロノート「HP Stream 11」

鮮やかなボディカラーで注目のHP Streamシリーズで、さらに小型で軽く、そして安くなった新モデルが登場。バッテリー駆動時間は8時間を超える。

[ITmedia]

 日本ヒューレット・パッカード(以下、日本HP)は、12月17日にノートPC「HP Stream 11」を発表した。10月に発表した3万円台の14型ディスプレイ搭載ノートPC「HP Stearm 14」の11.6型ディスプレイ搭載モデルだ。出荷開始は12月17日からで、HP Directplusにおける価格は税別で2万5800円になる。

kn_stream11_01.jpg HP Directplus価格が税別で2万5800円という「HP Stream 11」

 HP Stream 14と同じく、天面からディスプレイベゼル、底面のゴム足まで、キーボードトップを除くボディ全体を同じ色にそろえた鮮やかな「ホライズンブルー」を採用する。

 ボディパネルの質感は滑らかで、指紋や汚れが目立たないソフトタッチペイントを施した。また、パームレストにはマイクロドットのグラデーションをHP Imprint技術で実現している。

kn_stream11_02.jpg 鮮やかな「ホライズンブルー」で天面からディスプレベゼル、底面、そして、ゴム足まで統一。パームレストではマイクロドットのグラデーションをHP Imprint技術で施した

 本体サイズは300(幅)×207(奥行き)×19〜20(厚さ)ミリで、重さは約1.26キロ。この状態で3セルのバッテリーを内蔵して連続動画再生における駆動時間は約8時間15分になる。

 システム構成は、CPUにCeleron N2840(2.16GHz/最大2.58GHz、2コア2スレッド、2次キャッシュメモリ1Mバイト、TDP7.5ワット)を搭載し、システムメモリはDDR3L-1333MHzをオンボードで2Gバイト載せる。データストレージは容量32GバイトのeMMCを用意する。ストレージでは、オンラインストレージサービス「OneDrive」の100Gバイト2年間無料利用ライセンスが標準で付属する。OSにはWindows 8.1 with Bingを導入した。

 本体搭載インタフェースには、SDメモリーカードスロットとUSB 3.0、USB 2.0を備えるほか、映像出力インタフェースとしてHDMIを用意する。また、無線接続としてIEEE 802.11b/g/n準拠の無線LANとBluetooth 4.0が利用できる。また、公共無線LANアクセスポイント利用サービス「iPass」の1年間無料使用ライセンスが標準で付属する。

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.