ニュース
» 2015年02月12日 18時11分 UPDATE

アスク、mSATA SSD用USB接続外付けユニット「mSATA Wire」発表

換装などで余ったmSATA接続SSDを外付けUSBデバイスとして使えるケースに簡単操作のクローンソフトがセットになった。

[ITmedia]

 アスクは、2月12日にUSB 3.0接続に対応したmSATA接続SSDアップグレードキット「mSATA Wire」を発表した。出荷開始は2月中旬からで、実売予想価格は税別で5000円の見込みだ。

kn_msatawire_01.jpg mSATA Wire

 mSATA Wireは、mSATA接続のSSDをUSB接続で利用するための外付けケースと、データ移行を行うクローンソフトがセットになっている。付属するクローンソフトの「EZ Gig Cloning Softwear」は、ウィザードの指示に従って3ステップで作業が完了する。また、不要になったmSATA SSDを外付けストレージとして利用できる小型ケースが標準で付属する。

 本体サイズは、37(幅)×133(奥行き)×11(高さ)ミリで、重さは22グラム。対応OSは、Windows XP/Vista/7/8だ。

関連キーワード

Serial ATA | SSD | アスク | USB 3.0


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.