ニュース
» 2015年02月17日 15時11分 UPDATE

GIGABYTE、超小型ベアボーン「BRIX」に第5世代Coreプロセッサ採用モデル3製品を追加

CFD販売は、GIGABYTE製の超小型ベアボーンキット「BRIX」の新モデル3製品の取り扱いを発表した。

[ITmedia]
photo GB-BXI7-5500

 CFD販売は2月17日、GIGABYTE製の超小型ベアボーンキット「BRIX」の新モデル3製品の取り扱いを発表、2月中旬〜下旬にかけて出荷を開始する。

 ACアダプタ駆動に対応した超小型ベアボーンキット「BRIX」シリーズの新モデルで、最新の第5世代Coreプロセッサを採用しているのが特徴だ。ラインアップは、Core i3-5010U搭載モデルの「GB-BXI3-5010」、Core i5-5200U搭載モデルの「GB-BXI5-5200」、Core i7-5500U搭載モデルの「GB-BXI7-5500」の計3モデルで、いずれもmSATA×1、PCIe M.2×1を利用可能としたほか、IEEE802.11ac対応無線LAN/Buetooth 4.0,HDMI/Mini DisplayPort出力を装備。また最上位のGB-BXI7-5500はNFCにも対応している。

 価格はオープン、予想実売価格はGB-BXI3-5010が3万8980円前後、GB-BXI5-5200が4万9980円前後、GB-BXI7-5500が6万9980円前後だ(いずれも税別)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.