レビュー
» 2015年03月17日 18時00分 UPDATE

デスクトップ向け最強CPUを搭載:“規格外”の超モンスター級ノート「NEXTGEAR-NOTE i5702GA1」徹底検証 (1/4)

G-Tuneに加わった「NEXTGEAR-NOTE i5702」シリーズは、15.6型ボディにデスクトップ向けCPUと高性能GPUを詰め込んだゲーミングノートPCだ。その実力は?

[鈴木雅暢(撮影:矢野渉),ITmedia]
ココが「○」
・デスクトップ向け第4世代Coreの最強CPUを搭載
・GTX 970MをOptimusなしで搭載
・光の演出も楽しめるキーボード
ココが「×」
・液晶ディスプレイの視野角が狭い
・ボディが大きくて重い
・ACアダプタが巨大

デスクトップ向け最強CPUを搭載したパワフルなゲーミングノート

 マウスコンピューターのゲーミングブランド「G-Tune」から登場した「NEXTGEAR-NOTE i5702」シリーズは、大胆にもデスクトップ向けのCPU、しかも第4世代Coreプロセッサー最強のCore i7-4790Kを搭載した規格外のパワフルゲーミングノートPCだ。

 15.6型ワイドのフルHD表示液晶ディスプレイにNVIDIA GeForce GTX 970Mグラフィックス、そしてSSDとHDDのデュアル〜トリプルドライブを搭載できるなど、ほかのスペックも実に強力。CPUとメモリ、データストレージの内容が異なる4種類の構成が用意される中から、ここでは上位から2番目のゴールドモデル「NEXTGEAR-NOTE i5702GA1」の評価機を入手した。性能や使い勝手を検証しよう。

og_i5702_001.jpg マウスコンピューターのNEXTGEAR-NOTE i5702シリーズは、大胆にもデスクトップ向けのCPUを搭載した巨艦ゲーミングノートだ

マットブラックの高級感あるボディ

 第4世代Core最強のCore i7-4790Kも搭載できる規格外のゲーミングマシンだけに、最近のノートPCとしてはボリュームがある。

 具体的なサイズは、約386(幅)×262(奥行き)×35.7(高さ)ミリ、重量も約3.4キロと、かなり大柄。230ワットを出力できるACアダプタも巨大であり、持ち運びには適していない。

og_i5702_002.jpg トップカバーは、ラバー質のマットブラック塗装で仕上げられている。メタリックシルバーの立体的なG-tuneのロゴ、シャープなラインも印象的だ

 シャープなラインで構成されたフォルムはゲームマシンらしい、スポーティかつ近未来的なイメージだ。トップカバー、およびキーボードベゼル/パームレストにマットブラックのラバー質塗装を施している。見た目に高級があり、しっとりとした手触りも印象的だ。

 バッテリーレポートコマンドで見たバッテリー容量は82ワットアワーで、公称のバッテリー駆動時間は約2.5時間となっている。さすがに据え置きでの利用を前提にした製品としても短めだが、製品の性質を考えると仕方がないだろう。

og_i5702_003.jpg 底部には吸気用スリットが多く開けられている。手前側右のカバーはストレージベイ、手前側左はバッテリーだ

og_i5702_004.jpg 手前のカバーを開けるとストレージにアクセスできる。M.2ソケットが1基、2.5インチが2基用意されている。ストレージ重視のユーザーにとってはたまらない仕様だ

og_i5702_005.jpg バッテリーはカートリッジ式で着脱が可能。容量は82ワットアワー、公称のバッテリー駆動時間は約2.5時間だ。ACアダプターは大きく、実測値で88(幅)×178(奥行き)×35(高さ)ミリ、重量は約1067グラム(電源ケーブル込)あった。電力出力仕様は、230ワット(19.5ボルト/11.8アンペア)

top_features1_icon_2_1406890561.jpg

→PC USER特設ページ「mouse computer station」
Haswell-E+X99であと5年は戦える! 定番ゲーミングPCブランド「G-Tune」から先進のハイエンドモデルが堂々のデビュー!!


マウスコンピューター/G-Tune
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.