ニュース
» 2015年03月31日 21時33分 UPDATE

アスク、ファーウェイのPCI Exprss対応SSD「ES3000 V2」

法人向けにファーウェイのハイエンドSSDの取り扱いを開始。フルハイト3.2Tバイトモデルでは、Stable Read IOPS(4Kバイト)が750000IOPSに達する。

[ITmedia]

 アスクは、3月31日にファーウェイのPCI Express対応SSD「ES3000 V2」の取り扱いを開始した。ロープロファイルモデルとフルサイズモデルを用意し、ロープロファイルモデルでは容量600Gバイト、800Gバイト、1.2Tバイト、1.6Tバイトをそろえ、フルハイトモデルでは1.2Tバイト、2.4Tバイト、3.2Tバイトを用意する。

kn_askssd_01.jpg ファーウェイのPCI Express対応SSD「ES3000 V2」

 独自開発のFPGAコントローラを実装して、高度なウェアレベリングとダブルライト技術による書き込み処理とGC処理の同時実行を可能にした。容量3.2Tバイトのフルハイトモデルでは、Stable Read IOPS(4Kバイト)で750000IOPS、Stable Write IOPS(4Kバイト)で220000IOPSを発揮する。

関連キーワード

SSD | アスク | 華為技術(Huawei)


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.