連載
» 2015年07月20日 08時00分 UPDATE

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:「Windows 10」は“非推奨”ながら手動アップグレードも可能へ (1/2)

「7月29日にすべての対象ユーザーがWindows 10に無料アップグレードできるわけではない」――Microsoftはそう告知していたが、どうやら追加の施策もあるようだ。

[鈴木淳也(Junya Suzuki),ITmedia]

 Microsoftの次期Windows OS「Windows 10」が2015年7月29日にいよいよリリースされる。ここで言うリリースとは、Windows 7(SP1)およびWindows 8.1 Update搭載PCのユーザーに対して、1年間無料でのアップグレード提供が始まるという意味だ。

 これまでのWindowsでは、OSのパッケージ版やDSP版(自作PC市場で流通)の販売開始、そしてプリインストールPCの発売も同日いっせいに行われていたが、Windows 10では最初に既存ユーザー向けの無料アップグレードが優先して実施される点が大きく異なる。

 このWindows 10のアップグレード提供について、日本マイクロソフトからの新情報も含め、状況を整理してお伝えしよう。

Windows 10 「Windows 10」はいよいよ7月29日に登場
Windows 10 日本マイクロソフトが公開しているWindows 10の仕様。Windows 7(SP1)/8.1 Updateの各エディションから、Windows 10 Home、Windows 10 Pro、Windows 10 Mobileへ無料でアップグレードが行える(Windows 10 Mobileは今秋提供とみられる)。Windows 7 Enterprise、Windows 8/8.1 Enterprise、Windows RT/RT 8.1は対象外だ。ただし、ボリュームライセンス契約でソフトウェアアシュアランス(SA)が有効な法人ユーザーは、特典としてWindows 10 Enterpriseにアップグレードできる

段階的に提供されるWindows 10の無料アップグレードだが……

 7月29日から1年間無料で開始されるWindows 10へのアップグレードだが、これはまず「Windows Insider Programの参加者」から行われる。同プログラムは、Windowsの最新プレビュー版を一般公開前に試用し、開発側へフィードバックすることで製品改善に役立てるというものだ。同プログラムに参加することで、Windows 10のプレビュー版「Windows 10 Insider Preview」(旧称:Technical Preview)を試用可能になる。

 Windows Insider Programは個人ユーザーでも登録できる(ただし、プレビュー版は動作不良が少なくないため、自己責任での利用となる)ため、現時点でその参加者は世界100カ国以上、合計で約500万人に達するという。これだけでも相当な数だ。

Windows 10 Windows Insider Programは、参加者が500万人、居住国が100カ国以上、そこから得られたフィードバック数が300万以上になる

 その後、ネットワークの混雑状況を見ながら、次に「無料アップグレード予約者」へと配信範囲が拡大される。ただし、このタイミングではアップグレード予約を行った全員が対象となるわけではない。Microsoftや各PCベンダーが互換性の検証を終えて、「アップグレードしても問題ない」と判断されたPC/タブレットへ順次配信が行われていく。互換性に問題がある場合、アップグレードプロセス中に詳細情報を提供するという。

 ちなみにWindows 7(SP1)/8.1 Update搭載PC/タブレットは6月1日に、Windows 10への無料アップグレード予約機能が追加されており、通知領域に現れるWindowsアイコンをクリックすると、無料アップグレードの予約が行える状況だ。

Windows 10 Windows 7(SP1)/8.1 Updateを搭載したPC/タブレットでは、タスクバーのWindowsアイコンからWindows 10の無料アップグレードを予約できる

 そして最後に、「アップグレード予約を行っていないユーザー」で、Windows 10無料アップグレード対象となっているWindows 7(SP1)/8.1 Update搭載PC/タブレットへと拡大される。アップグレード用ファイルのサイズは3Gバイト程度となっており、一度に多くのユーザーがアップグレードのためにアクセスすると、ネットワークやサーバがパンクしてしまうため、このような措置を取る必要があったというわけだ。

 この配信ラグは最低で数時間程度、最長で数日程度とみられ、7月29日にすべてのユーザーがWindows 10へとアップグレードできるわけではない。

Windows 10 7月29日からのWindows 10無料アップグレード提供ロードマップ。3段階に分けて無料アップグレードが行われる予定だ

 ちなみに「7月29日」という日付は指定されているものの、細かい時間やタイムゾーンは示されておらず、「待ち構えて一斉アップグレード」のようなことは難しくなっている。日本マイクロソフトは「各国の時間で7月29日に配信する」とコメントしており、時差の関係から、日本は米国より早いタイミングでアップデートが始まる可能性もある。

 というわけで、どうしても最速でWindows 10を導入したいと考えているのならば、Windows Insider Programへの参加が最も近道だ。しかし、同プログラム向けのISOファイル配信は停止されており、おそらく再開は7月29日前後のタイミングになるとみられる。

 ただし、ここへ来てWindows 10アップグレードの追加施策について、日本マイクロソフトから新情報が入ってきた。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.