連載
» 2015年08月26日 06時00分 UPDATE

Windows 10のツボ(16):Windows 10のプライバシー設定はデフォルトのままだと危険? (1/2)

Windows 10をインストールした直後の初期設定では、ユーザー体験を向上させるためにさまざまな情報を外部に送信する機能がオンになっている。情報を提供することによって便利になることも多々あるので、あまり神経質になるのも考え物。とはいえ、どんな情報が送信されているのかユーザーが把握しておくことは重要だ。

[山口恵祐,ITmedia]

プライバシー設定を確認する

 「Windows 10」のプライバシーに関する項目は、設定の中にある「プライバシー」から確認できる。ここからユーザーデータの送信に関する設定が可能だ。順を追って解説していこう。

プライバシー設定 Windows 10の設定

全般

 全般では、主にユーザーに合わせたコンテンツを表示するためのデータ収集に関する設定が可能だ。

プライバシー設定 プライバシーオプションの変更

 「アプリ間のエクスペリエンスのために、アプリで自分の広告識別子を使うことを許可する」――ユーザーの情報を提供することで、アプリ内に表示される広告をユーザーに合わせたものにするかというもの。

 「SmartScreenフィルターをオンにしてWindowsストアアプリが使うWebコンテンツ(URL)を確認する」――フィッシング詐欺やマルウェアなど、悪意のあるコンテンツやダウンロードからPCを保護する機能だ。

 「入力に関する情報をMicrosoftに送信して、タイピングと手書きの今後の改善に役立てる」――文字の認識率を向上し、ユーザー辞書や変換候補の精度向上をユーザーの一人一人に合わせてパーソナライズするために、キーボードや手書きで入力した単語を収集する。データはユーザーのデバイスに保存されるほか、一部はマイクロソフトに送信される。

 「Webサイトが言語リストにアクセスできるようにして、地域に適したコンテンツを表示する」――Webページを表示する際に、ユーザーの利用する言語に合わせてコンテンツを変化させることを許可するものだ。

位置情報

 位置情報をオンにすると、アプリやサービスがユーザーの現在位置や位置情報の履歴にアクセスできるようになる。例えば、天気予報アプリで現在地の天気を表示するといったものだ。これらの機能はアプリごとに設定が変更できる。

プライバシー設定プライバシー設定 位置情報の履歴やアプリごとの設定などもここで行う

カメラ、マイク、アカウント情報、連絡先、カレンダーなど

 こちらも、それぞれの項目について各アプリで情報を利用することを許可するか否かを設定できる。アプリで自分が利用したい機能が決まっており、それ以外の余計なデータを与えたくない場合は、アプリごとに設定するといいだろう。

プライバシー設定プライバシー設定 カメラ(写真=左)。マイク(写真=右)
プライバシー設定プライバシー設定 アカウント情報(写真=左)。連絡先(写真=右)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.