ニュース
» 2015年09月02日 16時01分 UPDATE

IFA 2015:Lenovo、MIIXシリーズで“Skylake”Core m7採用新モデルを投入

新しく登場したMIIXでは、12型ディスプレイを搭載するタブレット本体にスタンドを設け、キーボードが標準で付属する。

[ITmedia]

 Lenovoは、9月2日(現地時間)に、MIIXシリーズとideapadシリーズの新モデルを発表した。日本市場における出荷については未定。登場するモデルと出荷時期、実売予想価格は以下の通りだ。

モデル名 出荷時期 実売予想価格
ideapad MIIX 700 11月 699ドル
ideacentre AIO 700 24 10月 549ドル
ideapad 300 14 10月 399ドル
ideapad 300 15 10月 549ドル
ideapad 500 14 10月 499ドル
ideapad 500 15 10月 599ドル
ideapad 100S 11 10月 259ドル
Lenovo Chromebook 100S 11 10月 179ドル
ideapad 300S 11 10月 249ドル
ideapad 500S 13 10月 499ドル

 ideapad MIIX 700は、12型ディスプレイ(解像度は2160×1440ピクセル)を搭載するタブレットだ。標準で有線接続(本体とキーボードに設けた専用接点で接続)のキーボードが付属する。OSはWindows 10 Pro、または、Windows 10 Homeを導入する。

kn_miix700_01.jpg ideapad MIIX 700

 本体サイズは292(幅)×210(奥行き)×8.95(高さ)ミリで重さは780グラム。この状態でバッテリー駆動時間は9時間以上になる。本体背面にはMicrosoftの“Surface”シリーズのようなスタンドを設けて、本体だけで自立できるようにしている。

 CPUには“Skylake”世代のCore m7シリーズを搭載し、システムメモリはLPDDR3を8Gバイト載せる。ストレージは256Gバイト SSDを内蔵する。本体搭載インタフェースにはUSB 3.0にUSB 2.0、Micro HDMI、Micro SDスロットのほか、MicroSIMスロットを備えるLTE対応モデルも用意する。また、フロントにはインテルのRealsence 3D対応カメラを組み込んで、Windows 10で導入した顔認識認証に対応する。

kn_miix700_02.jpg 背面にはRealsence 3D対応カメラを内蔵するほか、キックスタンドを設けて本体だけで自立できるようにしている

関連キーワード

レノボ | Skylake | 3Dカメラ | Lenovo Miix


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.