ニュース
» 2015年09月11日 15時09分 UPDATE

米Qualcomm、コンシューマ向けのドローン開発用プラットフォーム「Qualcomm Snapdragon Flight」を発表

米Qualcommは、ドローン開発用となるリファレンスプラットフォーム「Qualcomm Snapdragon Flight」を発表。同社製プロセッサのSnapdragon 801を搭載、フライトコントロール/4K動画撮影機能などを備えている。

[ITmedia]

 米Qualcommは9月10日(米国時間)、ドローン開発用となるリファレンスプラットフォーム「Qualcomm Snapdragon Flight」の発表を行った。

 コンシューマ向けドローンなどへの最適化をうたった開発用プラットフォームで、58×40ミリの小型基板を採用。プロセッサとしてQualcomm Snapdragon 801を搭載、“Hexagon DSP”によるフライトコントロール機能やQualcomm 2x2 Wi-Fi/Bluetooth 4.0無線接続、GNSS、4Kビデオ機能などを標準でサポートしている。

photo

 Snapdragon Flight搭載のドローン機器については、2016年度上半期に発売される予定としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.