特集
» 2015年09月13日 17時30分 UPDATE

Apple新製品のすべて【特大版】:「iPhone 6s」を林信行が読み解く――これは“羊の皮をかぶった狼”である (1/6)

まだ「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」をマイナーチェンジだと思ってはいないだろうか。実際に触れてみると、すべてが新しくなっており、同じなのはカタチだけだと思い知らされる。

[林信行,ITmedia]

カタチ以外の「すべてが新しい」

 2015年9月9日(米国時間)、「Hey Siri, give me a hint」のイベントで発表された4製品。新色と新コラボの「Apple Watch」、大きなスクリーンと新しいアクセサリが魅力の「iPad Pro」、ついにアプリの実行に対応した「Apple TV」、そして「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」は、その1つ1つが主役を張れる圧倒的な存在感の製品になっている。

 実際、発表日から毎日、大勢の人にこの話題を振られるが、人によって「今回の目玉はやはり◯◯ですよね」の◯◯がまったく異なっているのが面白い。

 ファッション業界の人たちは「Apple Watch Hermes」を、多くのビジネスマンやクリエイターはiPad Proを高く評価している。放送業界の人やゲーム業界の人はApple TVがかなり気になっている様子だ。そして、そんな人たちも含めたほとんどが土曜日から開始されたiPhone 6sとiPhone 6s Plusの予約開始にも真っ先に飛びついている。

 一番見た目の変化がないiPhone 6sとiPhone 6s Plusをマイナーチェンジだと思っている人も、まだいるかもしれない。

 だが、それはまったくの誤解だ。iPhone 6sとiPhone 6s Plusは、実はそのカタチ以外のすべてが新しくなっている。

iPhone 6S ボディの見た目に変化はないが、カタチ以外のすべてが新しくなった
iPhone 6S iPhone 6s/6s Plusを発表するティム・クックSEO。「唯一変わったのは、そのすべて」というキャッチフレーズを掲げ、大幅なモデルチェンジであることを強調した

 確かに新色のローズゴールドを別とすれば、外から見た感じは変わっていないと思うかもしれない。

 だが、実際には前からあったシルバー、スペースグレイ、ゴールドの3モデルも、目に入るすべてが新しくなっている。

 なんと本体の素材が航空宇宙産業でも使われる(つまり、過酷な宇宙でも使われる)頑丈な7000シリーズのアルミ合金に変わっているのだ。

 見た目も、手触りもほとんど同じで、後述する新機能を多数盛り込みながら、重さも15〜20グラム増えただけ。手に持って区別できる人はほとんどいないだろう(ただし、液晶ディスプレイ部分をツメでコンコンとたたいてみたときの音が、やや軽めの音になった印象を受けた)。

iPhone 6S ボディの素材は航空宇宙産業でも使われる7000シリーズのアルミ合金となり、剛性が高まっている。新色のローズゴールドが加わり、4色から選べるようになった。写真はどこでも充電とシンクができる純正アクセサリ「Lightning Dock」にセットした状態だ。Lightning Dockにはヘッドフォン出力も搭載している
iPhone 6S 新色のローズゴールドは、Apple Watchのカラーバリエーションに合わせたものだ

 外装も完全に新しくなっていれば、「3D Touch」という新しい操作方法も加わった、カメラも解像度から静止画の画質と動画の画質が新しくなっただけでなく、新しい表現が可能になり、搭載プロセッサも驚愕(きょうがく)の性能を持つ「A9」プロセッサに切り替わった、さらに通信機能もLTE、Wi-Fiともに高速化し、指紋認証の「Touch ID」まで2倍速くなっている。この機種の登場に合わせて、iOSも最新の「iOS 9」が用意される。

 さらには純正アクセサリのケースも新色で一新されており、買い方でまで新しい提案が始まっている。

iPhone 6S 純正アクセサリのケースも豊富なカラバリを用意している
iPhone 6S ヨーロピアンレザーをなめした上質なレザーケースは手触りもよい。カラフルなシリコンケースも引き続き用意する

 ここまでくると、逆に「それでは、一体どこが変わっていないの?」と聞かれたときに、答えに窮してしまう。

 本当は、もっと別の新しいカタチにしてもよかったのかもしれない。しかし、出荷台数で驚くような記録を出し、歴史上最も売れた人気スマートフォン製品であるiPhone 6とiPhone 6 Plusの形をあえて無理をしてまで変える必要はない。

 そこで、とてつもなくすごい進化をしているのに、見た目は世界中を「薄い!」と驚かせたあのままの変わらないボディに収めている。この奥ゆかしさすら感じさせる小型化技術とこだわりが、アップルらしいところであり、新iPhoneのすごさと言えるだろう。

       1|2|3|4|5|6 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-