レビュー
» 2015年11月04日 07時00分 UPDATE

dGPU搭載モデルを入手:US先行発売の「Surface Book」開封レビュー (1/4)

日本での発売は2016年の予定ですが、USで先行発売された「Surface Book」のハイスペックモデルをいち早く入手しました。SurfaceもMacBookも使っているソフトウェアエンジニアの筆者が、パッケージの開封からリポートします。

[ドリキン,ITmedia]

現状入手できる最高スペックモデルをチェック

 こんにちはドリキンです。米サンフランシスコでソフトウェアエンジニアをしています。今回、日本に先立ってUSで10月26日(現地時間)に発売されたMicrosoftの最新ノートPC「Surface Book」を手に入れたので、早速レビューしたいと思います。

Surface Book USで先行発売されたMicrosoftの「Surface Book」。日本での発売日は「2016年の早い時期」を予定しています

 Surface Bookには、CPUとメモリ容量、SSDの容量、GPUの組み合わせで6つのプリセットモデルが用意されています。今回僕が入手したのは、スペックがCore i7で16Gバイトメモリ、512GバイトSSD、dGPU(外部GPU)という構成のモデルです。

 この上に1TバイトSSDのモデルが用意されていますが、このモデルだけ出荷が2016年1月の予定なので、現状入手できる最もハイスペックなモデルとなっています。

 価格は税別で2699米ドル。日本での価格がまだ発表されていないので、1ドル=120円で換算してみると、約32万4000円(税別)となります。MicrosoftはSurface Bookの対抗機種としてAppleの「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」を挙げていますが、この13インチ上位モデルが20万8800円(税別)、15インチ上位モデルでも28万2800円(税別)なので、これらより高い価格設定です。

 ただ、Surface BookはSkylake(開発コード名)と呼ばれているIntelの第6世代Coreプロセッサを搭載していて、Microsoftは13インチMacBook Pro Retinaと比較して全体のパフォーマンスが2倍速いと主張しています。性能以外にもキーボードの着脱機構、タッチパネルやペンが加わっているので、価格はMacBook Pro Retinaをライバルに据えた設定であることが感じられます。

Surface Bookのデバイスマネージャー画面 今回筆者が購入したSurface Bookのデバイスマネージャー画面。CPUは2コア/4スレッド対応のCore i7-6600U(2.6GHz/最大3.4GHz)、dGPUはNVIDIA GeForce(型番は表示されていませんが、GeForce 940M相当といわれています)、512GバイトSSDはSamsungのNVM Express(PCI Express接続)対応モデル「MZFLV512」を搭載していました

パッケージにも感じられるAppleへの対抗意識

 それでは、早速お約束のパッケージ開封から見ていきましょう。

 最初にSurface Bookのパッケージを見たときの感想は「箱デカイ!」でした。Surface Bookの画面サイズは13.5インチ(3:2)ですが、それより画面や本体サイズで上回る15インチMacBook Pro Retinaより大きな箱でビックリしました。

 これまでの「Surface Pro 3」や「Surface 3」は、製品名をプリントしたシンプルなデザインのパッケージでしたが、Surface Book 4は白地に製品写真を大きく配置したパッケージとなっています。側面に入ったブルーのラインが個性的ではありますが、シンプルで白いパッケージにはAppleっぽさも感じられ、外箱でも対抗意識がみられます。

Surface Bookパッケージ表面 最初に驚いたのがパッケージの大きさ
Surface Bookパッケージ裏面 パッケージの裏面。余計なデザインを省いた白い外観はApple製品のようです
Surface Bookパッケージ側面 パッケージの側面。大きく製品名が入っています。その下にあるブルーのラインが個性的です

 パッケージ内に本体や付属品がどう収納されているかは、ここ最近のMicrosoft製品を踏襲したものになっています。テープを剥がして上ぶたを開けると、並んで収納されたSurface Book本体とACアダプターが現れます。

Surface Bookのパッケージを開けた様子 テープを多用したパッケージングは、最近のMicrosoftによくみられる傾向です。本体の右には、ACアダプターが収納されています

 本体を取り出すと、箱の底にペン(Surface Pen)と紙の簡易マニュアルが出てくるという構成です。

Surface Bookパッケージ内 本体を取り出すとSurface Penと紙のマニュアルというシンプルな構成
Surface Book マニュアルの包装をはがすと、内側がブルーになっていました。この辺りの色使いはMicrosoftらしいです
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.